fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

九月大歌舞伎 第二部 幸四郎の「盛綱陣屋」、時蔵の『女伊達』

九月大歌舞伎を観劇。九月の歌舞伎座と云えば、云わずと知れた「秀山祭」。團十郎菊五郎でさえ二人併せての追善興行であるのに対し、大播磨・初代吉右衛門は単独での追善。もって現在の歌舞伎界における播磨屋の大きさを知るべしと云った感。しかし去年はコロナ、今年は播磨屋病気療養中と云う事で「秀山祭」の冠はつかなかった。あまり想像したくない未来だが、当代播磨屋亡き後も「秀山祭」を継承していくなら、幸四郎菊之助と云う立派な後継者がいるのだから、「秀山祭」と銘打っても良かったのではないだろうか。

 

まず二部を観劇。この部のみ歌昇・隼人がコロナに感染し、初日が一週間近く遅れた。私は観劇日ではなかったので幸いしたが、チケットを押さえていた方々はさぞ無念だったろう。幸い歌昇・隼人共症状は軽かった様で、無時復帰。しかし筆者が観劇した日は隼人の信楽太郎を父錦之助が、歌昇の伊吹藤太を弟の種之助が代役。身内がカバーした形だった。幸四郎の盛綱、雀右衛門の篝火、米吉の早瀬、錦之助が二役で秀盛、歌六が何と微妙、又五郎の時政、菊之助の愛息丑之助が小四郎、彦三郎の愛息亀三郎が小三郎と云う配役。まずこれが見事な出来だった。

 

先月素晴らしい義賢を見せてくれた幸四郎が立て続けに丸本の大役に挑み、今月も見事な成果をあげたと云っていい。二十年以上前に自主公演で勤めただけと云うから、実質初役みたいなものだろう。しかし結論から云えば堂に入った見事な盛綱だった。先月でも感じた事だが、以前の幸四郎と比べ格段に上がっているのが義太夫味だ。

 

先月の義賢と違い今月の盛綱は捌き役的要素があるので、甲の声を多用している。そしてその科白廻しが見事に義太夫狂言の王道のものになっているのだ。歌六の微妙を向こうに回し、高綱の子小四郎を手にかける様に懇願する場で、余りに見事な科白廻しだったので、暫く目を閉じて聴いていた。「現在の甥の命、もしなだめて助くるこそ情けとも云うべきに、殺すをかえって情けとは」の辺り、葵太夫の竹本とシンクロする濃厚な義太夫味が目を閉じているとよりしっかりと心に響いてくる。勿論目を閉じていたのは僅かな間だったが、療養中の播磨屋を彷彿とさせる見事な科白廻しだ。

 

クライマックス首実検の場も、完全に播磨屋マナー。このブログでも触れているが、国立で二年前に演じた父白鸚はここで非常に独自の、優れた盛綱像を構築していた。しかし今回の幸四郎は父の様な深い思い入れはせず、古格な義太夫狂言の行き方に則った叔父播磨屋の通りの盛綱。白鸚の凄い盛綱が記憶に残っている筆者としては多少あっさり感があったが、行き方としてはこちらが本寸法だろう。首を偽首と知りつつの「弟佐々木高綱が首にぃ、相違なし。相違ござりませぬ」も見事に播磨屋の科白廻しを自身のものとしている。

 

高綱親子の命をかけた計略に感じ入った盛綱が、「佐々木四郎兵衛高綱の計略しおおせたり。最後の対面許す、近こう近こう」で母篝火を呼び寄せる。死を前にした甥の小四郎を取り囲んでの「ほめてやれ、ほめてやれ」の涙混じりの科白も実に素晴らしく、舞踊の名手幸四郎らしい形の美しさと相俟って見事な捌き役ぶり。秀盛と揃って舞台上で決まったところの凛々しさは、これぞ大歌舞伎とも云うべき見事さだった。

 

脇は歌六錦之助又五郎と初役揃いだったが、それぞれ気持ちのこもった力演。歌六の微妙はニンにない女形であったが、幸四郎との場はその濃厚な義太夫味と相俟って見事なもの。しかし小四郎とのやり取りになると、本来が立役だけに母性の欠如を感じさせて、余り迫って来るものがない。ここは国立での吉弥の方が一段優った。又五郎は非常に手強い出来で、時政の悪の強さと大きさが出ており、申し分なし。錦之助の秀盛はニンでない事もあり、筆者の目に残る芝翫襲名時の白鸚や、松嶋屋を向こうに回しての左團次などに比べると軽量感は否めなかった。

 

雀右衛門の篝火は正に本役。この優が出るだけで、歌舞伎濃度がグッと上がる。大和屋は別格としても、この後『女伊達』を踊った時蔵と並び立つ、現代歌舞伎座の立女形と云っていいだろう。米吉の早瀬はまだこの優には早い。特に相対するのが雀右衛門の篝火なので、余計軽さが目立ってしまう。容姿が可憐過ぎるのも、時として邪魔になる事もあるのだ。子役もそれぞれ健闘していたが、とりわけ小三郎を演じた亀三郎が実によく通る声で、流石彦三郎の愛息であると感じ入った。

 

打ち出しは『女伊達』。時蔵のお光、萬太郎の鳴平、種之助の千蔵と云う配役。重い義太夫狂言の後をこう云う軽い舞踊で〆る狂言立ては筆者好み。そしてこの舞踊がまた実に見事。ことに時蔵は男伊達をあしらう強さと、恋しい相手を想うクドキの艶っぽさの両面を踊りの中でしっかり表現しており、これぞ大歌舞伎の女形舞踊。最後は「よろづや」と大書された傘をバックに決まって幕。立女形の貫禄たっぷりの素晴らしい踊りだった。

 

義太夫狂言と舞踊の素晴らしい二本立てで、大満足の歌舞伎座第二部。残る部の感想は、観劇の後また改めて綴りたい。

九月大歌舞伎(写真) 

f:id:fabufuji:20210914083044j:plain

九月大歌舞伎を観劇。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20210914083103j:plain

一部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20210914083121j:plain

同じく二部・三部。

 

f:id:fabufuji:20210914083145j:plain

先代芝翫追善。当代もいい役者になりましたよ、お父さん。

 

f:id:fabufuji:20210914083210j:plain

大成駒。今月は成駒屋一門勢揃いです。泉下でさぞ喜んでいることでしょう。 

 

例年なら秀山祭なのですが、播磨屋が静養中ですから、致し方ないですね。その代わりと云っては何ですが、成駒屋の追善興行。少々地味ながら、いい狂言が揃っていました。

国立小劇場 9月文楽公演(写真)

f:id:fabufuji:20210907083710j:plain

国立小劇場文楽公演を観劇。ポスターAです。

 

f:id:fabufuji:20210907083722j:plain

同じくポスターBです。

 

f:id:fabufuji:20210907083737j:plain

おめでたい。遅すぎたくらいです。

 

三部を観劇。「沼津」が千歳太夫と玉也の大熱演で、素晴らしい舞台でした。「伏見北国屋の段」の織太夫は良くなりましたね~。持ち味の謡い調子に磨きがかかり、敵役の手強さも出て来ました。各役の語り分けも鮮やかで、これでもう一つ肚が座ればいい太夫になるでしょう。何と云ってもあの名調子は、当代では貴重です。

 

八月花形歌舞伎 第三部 幸四郎の「義賢最期」、歌昇・隼人・新悟の「鞘當」、染五郎・團子の『三社祭』

今月の最後、歌舞伎座第三部を観劇。平日と云う事もあってか、入りは一部程ではなかった。しかしこの三部を見逃した歌舞伎愛好家は間違いなく損をしている。そう断言出来る凄い芝居を観た。幸四郎の「義賢最期」である。これは筆者の様に、時間となけなしの金をつぎ込んで毎月何本も芝居を観ている人間でも、年間で何本もお目にかかれるものではない位の素晴らしい芝居であった。

 

幕開きはその「義賢最期」。松嶋屋が復活させたと云っていい狂言で、自身で何度も上演して練り上げてきた芝居。近年では愛之助の上演回数が圧倒的である。幸四郎の義賢、梅枝の小万、隼人の折平実は蔵人、米吉の待宵姫、廣太郎の次郎、錦吾の九郎助、片岡亀蔵の兵内、高麗蔵の葵御前、そして筆者が観た日は綜真君の太郎吉と云う配役。幸四郎・廣太郎・亀蔵は初役の様だ。

 

幕開きの葵御前が待宵姫を諭している場面。なさぬ仲である姫への遠慮を語る葵御前の高麗蔵がまず素晴らしい。見事に義太夫狂言の科白廻しとなっており、後添えとは云え大名の御台所としての位取りも申し分なく、この場でスッと古典狂言の世界へ誘われる。高麗蔵は先月国立での静御前も実に結構な出来で、この優の近年の円熟ぶりは見事なものである。

 

九郎助親子が太郎吉を伴って現れ、姫が焦がれる折平に妻子がいる事が判明し、衝撃を受ける待宵姫。九郎助親子と共に御前と姫が奥へ下がったところに大富豪同心もとい、隼人の折平が花道から登場。待宵姫が戻って来て「胴慾じゃ」と縋り付き、くどきになる。ここで時分の花の若手花形二人並んだ姿の美しさは、正に錦絵。ここらも歌舞伎観劇の一つの醍醐味だ。

 

正面の襖が開き、幸四郎扮する五十日鬘姿の義賢登場。ここで筆者は思わず声をあげそうになった。義太夫狂言は出が大事と云われるが、出て来たところのその大きさ、位取り、これぞ先生義賢。源家の一方の棟梁としての貫禄十分で、ここまで幸四郎は大きくなったかと、目を瞠る思いだった。そして呂の声を使った科白廻しが義太夫味たっぷりでこれがまた実に見事。隼人の折平も声が良く通り、聴いていて実に心地よい。松の小枝を引き抜いて手水鉢を割る幸四郎の所作、白旗を取り出して源家の再興を誓う科白廻し、いずれも義太夫狂言の古格な骨法に則っており、申し分のない出来。

 

清盛入道の使者高橋と長田に、平家に二心なくば兄義朝の髑髏を踏めと迫られ、遂に堪忍袋の緒が切れる。長田は切り伏せるが高橋を逃してしまい、平家の兵が押し寄せる前に落ち延びよと折平実は行綱に促されるも、生き恥を晒すより潔く討ち死にせんと死の覚悟を決めるところも描線が太く、そこに二枚目役者幸四郎の面影はない。落ちるのを渋る待宵姫を𠮟りつけての「未練者めが」の一喝も呂の声を使って実に力強く、これぞ義太夫狂言である。

 

軍兵たちとの立ち回りから戸板倒しになる。この立ち回りの所作も義太夫狂言らしいイトに乗った見事な立ち回り。イトに乗ると云ってもこの場合はリズミカルに進む訳ではなく、手負いである事を忘れず一つ一つの所作が重々しく重量感があるのだ。それでいてイトに乗る。この難しい所作を、幸四郎は見事にこなしていた。筆者が観た日の戸板倒しは通常の左に倒れるのではなく右に倒れてしまった。予想外の事で、軍兵が下敷きになって支える形となった。その意味では失敗だったが、そんな事は些細な事。これ程の義太夫狂言を見せられては、減点材料にはならない。

 

そして梅枝扮する小万も、女武道的な芯の強さと、義太夫狂言女形らしい古格さを併せ持った実に素晴らしい出来。元々義太夫狂言に高い適応力を見せていた優だが、幸四郎を向こうに回して一歩も引かない見事な小万。今にも息絶えそうな義賢が最後の力を振り絞って「小万、小万」と呼びかける。そして源氏の白旗を託し、討ち死には元より覚悟の上と語った後で、「腹の我が子にただひと目、こればっかりが、残念だわい」の肺腑を抉る様な科白廻しは、この狂言のハイライト。涙なしでは観れない場となっていた。

 

そして最後は「仏倒れ」で幕。凄い芝居を見せて貰った。この狂言は、元々去年のこんぴら歌舞伎で幸四郎襲名狂言として上演される予定だったもの。筆者もチケットは押さえていたのだが、コロナ禍により無念の中止となっていた。これは筆者の想像ではないと信ずるが、この間に幸四郎はこの狂言並びに義太夫狂言と云うものを、徹底的にさらい直したのだと思う。華も身もある現在の花形世代の役者達の最大の弱点は義太夫狂言にあると思っているが、幸四郎がいち早くその課題を克服した様だ。来月の「盛綱陣屋」への期待も高まるばかり。実に楽しみだ。

 

打ち出しは『伊達競曲輪鞘當』と『三社祭』。それぞれ歌昇の伴左衛門、新悟のお新、隼人の山三、染五郎の悪玉、團子の善玉と若手花形を揃えた舞踊二題。歌昇の伴左衛門は小さな身体が大きく見える力演だったが、ニンでない役に力み過ぎの感があった。その点隼人の山三は正にニンでのびのび演じており、実に気持ちの良い二枚目ぶり。新悟のお新も手堅い出来だった。

 

そして更に素晴らしかったのが『三社祭』。まだ十代の二人が手一杯の踊りで、長い手足を実に上手く使って初役とは思えない見事さ。いかにも現代青年(まだ少年?)らしい体型の二人だが、しっかり腰も落ちており、これはかなり二人で踊りこんで来たものと思われる。この二人の成長をリアルタイムで観れると云うのは、近くは勘三郎三津五郎、古くは六代目菊五郎と七代目三津五郎をリアルタイムで観れた人々と同じ幸福感を、もしかしたらこの二人が味わわせてくれるかもしれない。そんな事をふと思わせる舞踊だった。

 

来月は六代目歌右衛門と先代芝翫の追善に幸四郎の「盛綱陣屋」、そして玉孝の「四谷怪談」と盛りだくさん。歌舞伎役者にも次々コロナ感染者が出ている状況が心配でならないが、無事芝居の幕が上がる事を祈るばかりだ。

 

 

 

 

南座 坂東玉三郎 特別舞踊公演 大和屋と成駒屋三兄弟の『鶴亀』、『日本振袖始』

暑さとコロナ真っ盛りに京都遠征。今日の状況的に如何なものかとは我ながら思うが、ワクチンは二回接種したし、普段は全く外遊びもしない(観劇は例外)ので、まぁ許されるかと勝手な理屈で南座の大和屋舞踊公演を観劇。当然の様に京都も制限下だが、ほぼ満員の盛況だった。

 

幕開きは『鶴亀』。大和屋の女帝、歌之助の鶴、私が観た日は橋之助が亀だった。何と全員が初役。成駒屋兄弟は兎も角、大和屋も初役だったとは。しかし古希を過ぎて初役に挑む大和屋の溌剌とした精神がまず素晴らしい。能取り物の長唄舞踊。十五分程度の小品だが、これが実に典雅で見事な出来だった。

 

鶴と亀を従えて出て来たところの女帝の貫禄。そしてその立ち姿の美しさ。もうそれだけで他に何もいらないと思わせる素晴らしさ。コロナの憂さを忘れさせる夢の様な瞬間だ。女帝に促され、鶴と亀の連れ舞いになる。大和屋に徹底的に仕込まれたのだろう、手一杯の出来で実に結構な舞踊になっている。手一杯と云っても若々しく元気と云う意味ではない。大体若い時は身体が動くので、舞踊においては走りがちな傾向にある。元気さが求められる様な踊りなら兎も角、この舞踊は優雅な宮廷物。伴奏音楽を置いてけぼりにしてはならない。そしてこの若い二人は決して走らない!そこがまずもって見事。

 

そして大和屋扮する女帝の舞いになる。これが実に素晴らしい。女帝の貫禄と艶やかさを併せ持ち、その所作はあくまで優美。その大和屋の所作に付き従う様に長唄が続くと云った体で、鶴亀だけでなく伴奏音楽迄引き連れて踊っているかの様。これが六十年の芸歴に裏打ちされた芸なのだ。「道成寺」の様な大作はもう踊れないかもしれないが、小品でも良いので、その見事な舞踊を今後も披露し続けて欲しいものだ。

 

打ち出しは『日本振袖始』。大和屋の岩長姫実は八岐大蛇、筆者が観た日は福之助の素戔嗚尊、雪之丞の稲田姫橋之助・歌之助の大蛇の分身と云う配役。去年歌舞伎座で観劇出来るはずだったが、直前に大和屋がコロナの濃厚接触者に指定され、配役が菊之助と彦三郎に代ったバージョンで観劇した。今回は念願の大和屋バージョンが観れた。

 

近松作の浄瑠璃舞踊劇。そして新派から久々に雪之丞が参戦。まずその美しさに瞠目させられる。今は新派の女形とは云え、若い頃から猿翁に徹底的に仕込まれたその所作は、見事な歌舞伎舞踊のそれになっており、これほどの人を新派に独占させているのは勿体ない。たまには歌舞伎にも加わって貰いたいものだ。

 

そして岩長姫に扮した大和屋登場。雪之丞に負けず劣らずの美しさ。そして甕に用意された酒を呑み、徐々に大蛇の本性を現していく。この美しい姫がおどろおどろしい大蛇になると云う趣向がこの狂言の眼目。姫の姿が美しければ美しいほど、その効果は絶大なものとなる。その点で大和屋は切って嵌めた様にこの狂言に合う。最後は恐ろしい大蛇となっての立ち回りとなるが、橋之助・歌之助を始めとした大蛇の分身とのイキもぴったりで、迫力満点。歌舞伎座より舞台が小さい南座なので、その凄さがより強調されて見える。

 

福之助の素戔嗚尊も、大和屋の薫陶宜しきを得て実にきっぱりとした結構な出来。最後は大蛇が退治されて大団円となるが、立ち回りの動きも派手で、観ていて実に楽しめる狂言。美しい女形が本領の大和屋が恐ろしい大蛇となって幕となるので、その意味では後味は宜しくはない(苦笑)。しかし狂言としては実に素晴らしい物であった。

 

筋書きによると、先代芝翫に若い頃お世話になった大和屋が、その縁で孫の成駒屋三兄弟を鍛えていると云う。橋之助は今月から十月の御園座公演迄三ヶ月連続で大和屋と同座すると云う。「いい役者になって貰わないと困る」と大和屋にはっぱをかけられたと云う三兄弟の、今後の成長にも期待したい。その成果の一片は、この南座公演でもしっかり見て取れた。

 

往復四時間半かけて、正味一時間半の公演を観ると云うのも少々効率(?)が悪いが、大和屋なら致し方なし。来月は玉孝の「四谷怪談」が歌舞伎座でかかる。きっと素晴らしい舞台になる事だろう。この二人が揃えば品質は保証された様なもので、実に楽しみだ。

八月花形歌舞伎 第一部 猿之助六役早替りの『加賀見山再岩藤』

歌舞伎役者の中でもコロナに感染する人が数名出てきているが、八月花形歌舞伎の開幕直前に何と猿之助が感染。初日より巳之助が代演で勤めてきた第一部。幸い猿之助は無症状との事だったのでもっと早い復帰もあるかと思っていたが、20日からの登場となった。筆者は観ていないが、20日に浅葱幕が上がり猿之助が登場すると、万雷の拍手だったとの事。猿之助にとっては二日目にあたる21日に観劇。客席はいい入りだった。

 

演目は猿之助四十八撰の内『加賀見山再岩藤』。猿之助が岩藤を始めとして六役を早替りで勤め、代演で奮闘した巳之助が本役に戻り又助、男女蔵の帯刀、亀鶴の一角、男寅の花園姫、鷹之資の主悦、笑三郎の浦風、笑也のお柳の局、門之助の求女、雀右衛門の尾上と云う配役。元が四時間はかかる大作を、今回は二時間弱に凝縮したダイジェスト版だ。

 

筋を通しただけで風情がないと云う劇評もあったが、それはヤボと云うものだろう。作っている猿之助自身、そんな事は百も承知のはずだ。半分に縮めているのだから、筋を追うだけになる部分が出て来るのは致し方ない事。無理ならやらなければいい、他にも演目はあると云うご意見もあろうが、こんな制約下だからこそ挑んでみたいと云う、猿之助澤瀉屋精神がいかにも歌舞伎らしくていいと筆者は思う。

 

兎に角上演時間半分の短縮バージョンである。発端の「大乗寺花見の場」から「浅野川川端の場」迄は筋を追うだけ。とにかく忙しい。しかしこのスピード感は現代的とも云える。肚のいる芝居はなくなってしまっているが、役者も花形ばかりであるし、これはこれでありだとは思う。この場は猿之助の早替りの鮮やかさを見せる場だ。

 

しかし「花の山の場」で雀右衛門が花道から出て来ると、ぐっと大歌舞伎の雰囲気になる。今回筆者は花道の脇で観たのだが、間近で見る雀右衛門と云う役者は、実に風情がある。派手な芸風ではないが、今は亡き名人先代京屋の薫陶を受けて芸を磨いてきた当代。見事に大歌舞伎の雰囲気を身にまとっている。そして「骨寄せ」のおどろおどろした場から舞台が一転明るくなり、猿之助扮する岩藤が宙乗りでその場を去るところなぞは座頭役者の華と貫禄たっぷり。これぞ歌舞伎と云った場面で、実に見せる。

 

そして眼目「多賀家奥殿の場」。所謂「草履打ち」だ。短縮バージョンの今回だが、ここは流石にたっぷり演じる。この場での猿之助扮する岩藤と、雀右衛門扮する尾上のシテとウケの芝居は実に見ごたえがある。これでもかと尾上を苛めぬく岩藤と、それにじっと耐える尾上。ここはもうすっかり大歌舞伎だ。二十歳程も歳が離れている二人だが、猿之助の芝居が実に手強く、格の差など全く感じさせない五分の勝負。コロナ禍の中で、猿之助が一回りも二回りも大きく太くなった様に感じられた。

 

続く「多賀家茶室の場」における笑也のお柳の局と猿之助の弾正との命をかけたやり取り、そして弾正から隼人への早替りの鮮やかさ。ただ扮装を替えるだけでなく、手強い悪役から爽やかな隼人への性根も替わる芝居は実に見事。先の場に続き、ここも見ごたえがあった。実はお柳の局の兄であったと云う巳之助の又助も、きっぱりしていて且つニンでもあるので、これまた結構な出来。

 

最後は岩藤の霊を退治し、お家の重宝金鶏の香炉も取り戻して、めでたしめでたしとなる。出演者うち揃って客席に挨拶する中で、中央の座頭猿之助は感慨一入に感じられた。兎に角猿之助大奮闘の第一部。制限下にある客席も熱気に溢れており、実に結構な八月花形歌舞伎第一部であった。

 

今月残る大和屋の南座公演と歌舞伎座第三部は、また別項にて綴りたい。

南座 坂東玉三郎 特別舞踊公演(写真)

f:id:fabufuji:20210820084125j:plain

南座の大和屋舞踊公演に行って来ました。

 

f:id:fabufuji:20210820084138j:plain

ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20210820084546j:plain

ちょっと時間があったので、南座近くの八坂神社を参拝。

ワクチンの2回接種が完了して安心した訳ではありませんが、南座観劇。感想はまた改めて綴ります。