fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

初春海老蔵歌舞伎 海老蔵の『毛抜』他

新橋演舞場海老蔵歌舞伎を観劇。こちらも当然客席数を半分に制限してはいたが、満員の盛況。歌舞伎座に比べロビーが狭いせいもあるとは思うが、かなりの賑わい。観客の年齢層は、歌舞伎座より若干若い様に感じられた。

 

幕開きは『春調娘七種』。右團次の五郎、壱太郎の十郎、児太郎の静御前と云う配役。流石に新春だけあって、各所で曽我物がかかる。歌舞伎の吉例だ。こちらは曽我兄弟に本来何の関係もない静御前を組み合わせているのがミソ。春の七草行事と曽我物語をミックスさせた狂言

 

五郎は荒事、十郎は和事。流石に右團次は力強い。しかしそれに静御前が絡む事によって、「対面」よりも穏やかな流れになる。壱太郎は本来女形だけに、実に和かな所作。児太郎は裾捌きやその所作に父福助を想起させるものがあり、やはり血だなぁと思わせる。まず観ていて良い心持ちになる狂言だった。

 

続いてお待ちかね歌舞伎十八番の内『毛抜』。海老蔵の粂寺弾正、右團次の玄蕃、男女蔵の民部、壱太郎の巻絹、児太郎の秀太郎、廣松の春風、市蔵の万兵衛、齊入の春道と云う配役。かねてより歌舞伎十八番への強い拘りを口にしている海老蔵。期待に違わぬ素晴らしい出来だった。

 

何より海老蔵が小手先の技などに拘泥せず、大らかなニンで押し通しているところが良い。亡き三津五郎が生前荒事について「荒事の禁物は、うまいです。うまい荒事は絶対だめですね。むしろまずいほうがいい」と語っていた。海老蔵三津五郎に教わった訳ではないだろうが、この言葉通りの弾正になっている。無論言葉そのままのまずいと云う意味ではない。兎に角余計な技巧を使わず、徹底的に大らかで、そして豪快な弾正なのだ。

 

大きな目を生かした七つの見得もきっぱりしており、実に見事。秀太郎や巻絹を口説こうとしてしくじり「誠に面目次第もございませぬ」と客席に詫びるところも愛嬌に溢れていて、思わず笑みがこぼれてしまう。義太夫狂言では時として耳障りになる事もある海老蔵独特の科白廻しの癖も、こう云う狂言では気にならない。お家の禍根玄蕃を切り捨てての花道の引っ込みも、荒事らしい大きさと豪快さがあり、そして華やか。これぞ正に千両役者。荒事の醍醐味を堪能させて貰った。

 

脇では右團次の玄蕃が手強く、出色の出来。市蔵の万兵衛は十二代目團十郎を相手にも勤めた当たり役。そして意外と云っては失礼だが、廣松の春風が若殿らしい和かさと気品で、ひと際目につく出来。前幕の『春調娘七種』とは男女の役を入れ替えての壱太郎・児太郎も若手花形らしい華やかさで、各役手揃いの見事な『毛抜』だった。

 

打ち出しに『藤娘』と『橋弁慶』。海老蔵の令嬢・令息のぼたんちゃん・勸玄君が毎年その成長を見物衆にご披露するごちそう狂言。こちらは批評云々の物ではないが、ぼたんちゃんが独り舞台で、ショート・バージョンとは云えあの『藤娘』を踊ったのには驚かされた。勸玄君もまた一回り大きくなった印象。新之助襲名が延期になってしまっていて、残念でならない。一日も早いコロナの終息と、團十郎新之助襲名披露公演の上演を、祈るばかりだ。

 

今月残るは高麗屋三代が揃う「車引」の出た歌舞伎座の第三部。感想はまた別項にて。

 

 

壽 初春大歌舞伎 第一部 浅草組による『壽浅草柱建』、猿之助の『悪太郎』

歌舞伎座の一部を観劇。この部の入りが一番良いとの評判で、筆者観劇の日も確かに満員だった(客席は制限で半分の入りだけれど)。半沢組の松也・猿之助が出演するからだろうか。やはりTVの影響力は凄いものがあると改めて思わされる。

 

幕開きは『壽浅草柱建』。その名の通り、新春恒例の浅草歌舞伎組が大集結した狂言。松也の五郎、隼人の十郎、巳之助の朝比奈、新悟の舞鶴、米吉の虎、莟玉の少将、鶴松の亀鶴、種之助の珍斎、歌昇の祐経と云う配役。役名で判る通り、「対面」を書き換えた狂言だ。

 

若手花形がうち揃って新年を寿ぐ華やかで目出度い狂言。中で目立っていたのは、米吉の虎。莟玉と鶴松を従えて舞台中央で舞う姿が堂に入っている。少し前迄は何をやっても町娘臭が抜けなかった優だが、徐々に大人の女形へ変貌しつつある様に思えた。去年の浅草でのおかるあたりから、一皮剥けて来たのではないだろうか。莟玉の少将は可憐で、少し前迄の米吉の様。こうやって役者は成長していくのだろう。

 

立役では隼人の十郎がニンであり、すっきりしていて目につく出来。巳之助の朝比奈も、若手の中では踊りが身体にある優なので、形がキッパリしていて、小気味よい。ただ座頭格の松也の五郎が元々ニンではない上に、科白も語尾が上がる癖が出ており、少々残念。この座組では兄い株の松也なので、歌昇の祐経と役を替えた方が良かったのではないか。

 

続いて『悪太郎』。猿之助悪太郎、福之助の智蓮坊、鷹之資の太郎冠者、猿弥の松之丞と云う配役。猿翁十種の一つで、云わば澤瀉屋家の芸。二代目猿之助に宛て書された長唄舞踊で、こちらはまず文句の付け様のない出来だった。

 

松之丞と太郎冠者が悪太郎の酒癖を直そうと相談している。花道から長刀を持った悪太郎が出て来る。酩酊しており、足元も覚束ない状態で、長刀を振り回す。まずこの花道での踊りが素晴らしい。勇壮に長刀を振り回すところと、千鳥足でふらつくところを同時に見せなければならない難しい踊り。しかし猿之助は難しさを感じさせず実に自然で、しかも愛嬌が身体から滲み出る。筋書きで猿之助が「曽祖父の魅力ありきで作られた作品」と語っていたが、どうしてどうして、当代も正にニンだと思わされる。

 

舞台に廻って福之助の智蓮坊との絡みでも、所々足を滑らすフリを(多分にアドリブだろうが)交えて自在な踊りを見せる。完全に役が身体に入っており、その上で役と遊んでいる様な境地。武骨な役だが、身体を丸く使っていて、それが自然と愛嬌にもなる。こういう舞踊は身体を固くしてはいけない。その点流石は猿之助だ。最後は丸坊主にされて、鉦を叩き乍ら「南無阿弥陀仏」を唱えて念仏踊り。これも実にリズミカルでありながら、しかし最後迄で身体に酒がある。踊りの名手猿之助の真骨頂を見た思いがする。もっと上演されていい長唄舞踊劇だろう。

 

脇では福之助の智蓮坊が、自在な猿之助に良くついて行って健闘していた。前半の踊りも規矩正しい舞踊で、力をつけてきているのが判る。猿弥の松之丞はソツがないが、この優の個性が出せる程の役ではなかったのが、勿体ない感じではあった。

 

舞踊劇二題で、時間も二つで80分弱と短かったが、正月らしい気持ちの良い狂言立てで、楽しめた第一部だった。

 

残り三部と新橋は、また後日に綴ります。

壽 初春大歌舞伎 第二部 成駒家兄弟の『夕霧名残の正月』、播磨屋・梅玉・雀右衛門の「一力」

緊急事態宣言が再発令され、三部の時間が繰り上がったり、コロナとは関係なさそうで一安心だが莟玉が12日迄休演と、今年も立ち上がりから不安一杯の出足ではある。しかしとにかく芝居の幕が開いた事は喜ばしい。その二部の感想を綴る。

 

幕開きは『夕霧名残の正月』。亡き山城屋の追悼狂言。初代藤十郎が初演したものの、原本が現存せず、山城屋が藤十郎を襲名する当り新たに作り上げた狂言鴈治郎の伊左衛門、扇雀の夕霧、又五郎の三郎兵衛、吉弥のおふさ、寿治郎の藤兵衛と云う配役。この狂言の伊左衛門を演じた役者は山城屋と当代鴈治郎しかおらず、夕霧を演じた役者も亡き先代京屋と扇雀しかいない。山城屋も京屋も亡くなった今は、成駒家の専売特許と云っていいだろう。当然の事乍ら素晴らしかった。

 

新町扇屋では、主人三郎兵衛夫婦が亡き夕霧を偲んでいると、下手から何も知らない伊左衛門が紙衣姿で登場。この衣装は父山城屋から受け継いだ本物の紙衣だそうだ。役者は出が大事とよく云うが、憂いを含んだその所作は、勘当されたとは云えいかにも大店の若旦那と云った雰囲気に溢れ、実に素晴らしい。舞台中央で決まって「憂き世じゃなぁ」と云う科白廻しも実に艶っぽい。常磐津に乗って〽︎通いつめたる新町の~のふっと往時を偲ぶ様に上を見上げたところなぞ、その形の美しさ、その風情、これぞ和事芸である。

 

伊左衛門の想いが通じたか夕霧が現れる。ここは流石に先代京屋が見せた、夢幻の儚さを湛えた出には及ばないが、美しく、しっとりとしたこれはこれで結構な夕霧。「わしゃわずろうてなぁ」の憂いを含んだ科白廻しが上手い。そして二人の連れ舞いになる。〽︎伏屋の軒に見る月は 寄せる思いも増鏡~の常磐津に乗り、二人の切ない迄の想いが歌舞伎座の大舞台を覆いつくす。

 

すっぽんに乗って夕霧が姿を消し、夢であったと気づく伊左衛門。夕霧形見の打掛を抱きしめて我に返るところで幕となる。夕霧を亡くした心情がしっとりと客席にも伝わる切なくもいい幕切れ。亡き山城屋の和事芸は、しっかりその息子達に引き継がれている事が見て取れた。

 

続いて『仮名手本忠臣蔵』より「一力茶屋の場」。播磨屋の由良之助、雀右衛門のおかる、梅玉の平右衛門、橘三郎の九太夫、吉之丞の伴内と云う配役。目ン無い千鳥~力弥の場はなく、「釣灯籠」から。この形の上演は昔からある形だが、これだと由良之助前半のやつしがなく、主役は俄然平右衛門とおかるになってしまう。筆者的には折角播磨屋で「一力」が観れるなら、やはり全て上演して欲しかったと云うのが本音だ。これは去年高麗屋の「大蔵卿」でも感じた事だが。

 

播磨屋は昨年十月に手術をしたのだと云う。昨年国立での播磨屋の「俊寛」観て苦言を呈した時はその事を知らなかった。術後大きな声を出すと、まだ傷口が痛むと云う。それを知って思い返すと、あの俊寛は今の播磨屋の体力で出来る苦肉の策だったのだと合点がいった。絶賛している劇評もあったが、あれを褒められても、播磨屋は本意ではないのではないだろうか。本来の播磨屋は、あんなものではない。

 

例えは突飛だが、まだ日本ハム時代のダルビッシュが怪我をしながらも、日本シリーズジャイアンツを抑えて勝利した事があった。あの時のダルビッシュは怪我で自慢のストレートが投げられず、変化球を多投してかわすピッチングでジャイアンツを封じ込んだ。勿論ダルビッシュの高い技術のなせる業だが、あのピッチングを褒められても、ダルビッシュは心外だと思う。播磨屋の心情も同じと推察する。

 

そこで今回の由良之助だが、俊寛の時よりは回復して来ている。しかしまだ万全には程遠いと云う印象だ。やはり呂の声が出ない。「九太はもう、いなれたそうな」の「九太はもう」は由良之助の本来の大きさを一瞬垣間見せるところなので、もっときっぱりしていなければならない。しかし今の播磨屋の体力では無理なのだ。幕切れの「鴨川で水雑炊を」もしかり。無理をせずとも、今の播磨屋に出来る狂言は他にもあるのでは?と思ってしまう。しかし繰り返すが俊寛よりは、出が短いせいもあるだろうが、まだしっかりしている。筆者は見た訳ではないが、舞台で転んだ日もあったと聞く。くれぐれも無理はしないで貰いたいものだ。

 

対して梅玉雀右衛門の平右衛門・おかるは絶好調。松嶋屋・大和屋のコンビだと艶っぽすぎて恋人同士にも見えてしまうが、この二人は芸風が派手ではないので、実に程が良い。程が良いなどと云うとあまり誉め言葉ではない様に聞こえるかもしれないが、そうではない。平右衛門は足軽だし、おかるも遊女とはなっても元は百姓の娘。その出自を二人は忘れていない事が、この二人の役者のやり取りだと実に良く判る。

 

「妹」「兄さん」と呼び合う二人が、実に兄妹らしく素朴で、観ていて実に気持ちが良く微笑ましい。おかるはまだなり立ての遊女なので、本心からの廓慣れはしていない。平右衛門に奇麗になったと云われ、立って姿を見せる場でも無邪気な妹そのままで、可愛らしい遊女であるのが、雀右衛門の芸風に合っている。梅玉義太夫味と云うよりリアルさを優先させた芝居で、実直な平右衛門像を構築していて、これまた見事。

 

総じて播磨屋は万全ではなかったが、「釣灯籠」からの上演であったので、梅玉雀右衛門の好演がクローズアップされた形で、かえって良かったのかもしれない。四部制よりも、流石に芝居を観た手応えのある正月公演第二部だった。

 

残りの部の感想は、また改めて綴る事にする。

壽 初春大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20210107104704j:plain

初春大歌舞伎に行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20210107104716j:plain

一部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20210107104729j:plain

同じく二部・三部。

 

f:id:fabufuji:20210107104741j:plain

三階にある思い出の名優アルバムに山城屋が載る事になってしまった・・・

 

コロナが増々猛威を振るっている状況ですが、取り敢えず歌舞伎座の幕は上がりました。一安心です。感想はまた別項にて。

 

私が観た令和二年歌舞伎 ベスト3

新年あけましておめでとうございます。中々素直におめでとうございますと云える状況でないのが悲しいです。再度の緊急事態宣言が現実味を帯びて来ているので、非常に先行きが不安です。何とか状態が少しでも収まってくれればと、それのみを願っている状況です。

 

三年前に自分の備忘録として始めたこのブログですが、一年目二年目と年間80回以上更新出来たのですが、昨年は観劇の機会も少なく、50回の更新となってしまいました。今年はより沢山観劇して、その感想を綴れればと思っています。

 

観劇数が少なかったので、ベスト10と云える程芝居が観れていません。その中で、去年の個人的ベスト3を揚げてみます。

 

まず第3位

二月大歌舞伎『菅原伝授手習鑑』より「道明寺」

コロナで休演が相次ぐ直前に歌舞伎座で観れた芝居。松嶋屋の絶品とも云うべき菅丞相。親子二代に渡る神品でした。舞台転換もあるこう云った大掛かりな芝居が歌舞伎座で観れるのは、いつになるのでしょうか・・・

 

続いて第2位

国立劇場十二月歌舞伎『天衣紛上野初花』より「河内山」

同じ演目は正月の歌舞伎座でも観たのですが、「質見世」が付いている国立の方をチョイス。高麗屋十八番中の十八番「河内山」。天下一品の素晴らしさでした。

 

そして栄えある(?)第1位

南座吉例顔見世興行『傾城反魂香』より「土佐将監閑居の場」

去年の1位はやはりこれ。非常に斬新な「吃又」。こんな状況下ですが、歳も押し詰まった師走の京都で凄い芝居が観れた事は、生涯忘れる事はないでしょう。天国の山城屋も、快心の笑みを漏らしている事と思います。

 

その他にも、音羽屋が「文七」、「宗五郎」と世話物の極致とも云うべき芝居を見せてくれた事も忘れ難いです。

 

今年は何とか去年より、多くの芝居が観れる様な世の中になって貰いたいと、切に祈っております。。。

国立劇場 十二月歌舞伎公演 第一部 時蔵・松緑・芝翫の『三人吉三巴白浪』

国立劇場第二部を千秋楽に観劇。その感想を綴る。

 

先月も国立は千秋楽観劇予定で、二部が公演中止になってましったので今月もハラハラしていたのだが、無事公演が行われた。まずは一安心。通し狂言で「三人吉三」が出た。「大川端」から「火の見櫓」迄。時蔵のお嬢、松緑のお坊、芝翫の和尚、新悟のおとせ、萬太郎の十三郎、坂東亀蔵の源次坊と云う配役。去年歌舞伎座で観た公演とは、亀蔵以外は全て代っている。その時のお嬢は梅枝だったので、親子で2年続けてお嬢を演じた事になる。

 

幕開きは当然「大川端」。おとせに続いてお嬢の時蔵が花道を出て来る。このお嬢と云う役は、音羽屋の様に兼ねる役者が勤めるのと、真女形が勤める場合と二通りある。時蔵は当然の事ながら後者。この場合の最大の利点は、女でいる時の美しさ。時蔵は還暦をとうに過ぎているが、倅に劣らぬ目の覚める様なお嬢様ぶり。新悟のおとくと揃ったところは実に美しく、この役を女形が勤める際の良さを存分に味わわせてくれる。

 

そして例の「厄落とし」。ここはもう近年は皆そうだが、陶酔的に謳う事はしない。いや現代の役者には出来ないのかもしれない。謳わない代わりに、一語一語しっかり語られるので、科白の意味は良く判る。その点では続いて出て来る松緑のお坊も同様。ここはもう黙阿弥調の謳い上げは期待してはいけないのかもしれないと思い、帰宅後杮落し公演の音羽屋・松嶋屋高麗屋のバージョンを見直したのだが、これが実に見事に謳い上げているのだ。しかしもうこの三人の名人以外には無理なのかもしれない。

 

芝翫の和尚の登場。喧嘩の仲裁に入るのだが、これが実に堂々たる貫禄で、座頭の風格が備わって来ている。今の大幹部の後の歌舞伎座は、この優のものだろう。科白廻しも筆者が期待する純然たる黙阿弥調ではないが、和尚はお嬢やお坊と違ってそこまで謳い上げる必要のない役。芝翫は自分流に崩しながら違和感のない和尚像を築き上げている。

 

続く「吉祥院の場」と「裏手墓地の場」は、もう芝翫の独壇場。妹おとせが連れて来た夫十三郎が自らの弟と気づき、義兄弟の為畜生道に堕ちた実の弟妹を刺し殺す。末期の水を二人に汲んでやり、これが別れの水杯の心持ちで自らも飲み干す。ここら辺りの泣いて馬謖を斬るが如き心境が真実に迫って舞台を覆う。時代物にとどまらない実事師としての芝翫の力量の見事な発露だ。

 

そして大詰め「火の見櫓の場」。ここは時蔵のお嬢と、松緑のお坊の同士愛を超えた同性愛的な心情が、雪降る舞台にともる灯の様な温かくもせつない場となって、実に素晴らしい。踊りの名手松緑の立ち回りは間然とする所のない出来であるし、時蔵のお嬢も、櫓に登ろうとして雪に足を取られ、それでも登り続けて鐘を打ち鳴らす一連の所作が儚くも美しい。

 

最後、雪積もる櫓をバックに三人決まったところは一幅の絵の様で実に見事。こう云う美しさが歌舞伎観劇の一つの醍醐味。脇では新悟のおとせがひと際目につく出来。この優は近年めきめき腕を上げている。今後が実に楽しみな若手花形だ。

 

コロナに翻弄され続けた令和2年の芝居見物もこれで終了。新年からは歌舞伎座も三部制になる様だ。来年こそ、心穏やかに歌舞伎を観たいものだが、現状では中々厳しそうではある。武漢ウイルスの一日も早い終息を、願わずにはいられない。

十二月大歌舞伎 第三部 勘九郎・猿之助の「吃又」、第四部 菊之助・彦三郎の『日本振袖始』

第四部は今月早々に代役の菊之助・彦三郎で観て、大和屋バージョンも観てから感想を書くつもりでいたのだが、年末でバタバタしており、もう一度四部を観れる時間が取れそうもなかったので、三部と併せて感想を綴りたい。

 

まず第三部『傾城反魂香』より「土佐将監閑居の場」。勘九郎の又平、猿之助のおとく、團子の雅楽之助、鶴松の修理之助、梅花の北の方、市蔵の将監と云う配役。当然の事ながら先日書いた南座の「吃又」とは全ての配役が異なっている。結論から云うと良かったのだが、南座成駒家バージョンが凄すぎて、霞んでしまった印象だ。

 

南座より10分程短く刈り込んでおり、虎狩り百姓の花道の出はなく、幕が開くと百姓達は既に舞台にいる。修理之助に続いて将監の出。この市蔵の将監が実に立派。義太夫味もしっかりあり、これぞ本役と思わせる。南座の寿治郎よりニンだろう。その意味で筆者が従来イメージしていた将監像の王道を行くものだ。しかし今まで観た事がなかった「寿治郎将監」にすっかり魅了されてしまった筆者としては、それ以上と云う事にはならない。しかし科白廻しも見事な義太夫狂言のそれになっており、実はこの幕で一番良かったのはこの市蔵の将監だ。

 

修理之助が虎をかき消す場では、スモークを焚く演出。これには多少驚かされた。続いて又平夫婦の出になる。猿之助が夫を気遣う仕草をさり気なく見せて、いい女房ぶり。昨年高麗屋相手に勤めていた役。その時も名人高麗屋に位負けしない立派な健闘ぶりだったが、今回は年代が近い勘九郎相手で、より釣り合いが取れている。「吃りとしゃべり」の例の長科白は南座扇雀より突っ込んだ云い回しで、夫をサポートすると云うより、リードすると云う心持ちが濃い。

 

勘九郎の又平は、亡き三津五郎に教わったと云う。確かに人物造形としてはかつて観た三津五郎に近く、自らのハンデをじっと辛抱して耐えていると云った印象。南座鴈治郎に比べより内省的な又平だ。吃りの科白も三津五郎同様、大分聞き取りやすい科白廻し。この勘九郎・市蔵での「吃又」を観ると、筆者が南座で感じた思惑のすれ違いによるドラマと云う構造は薄れる。角の多い人物像だった鴈治郎に比べ、勘九郎は好青年の又平なので、師に反抗的に食って掛かると云った風にはならない。市蔵の将監もかなり手強い作りなので、筆者が元々この狂言に感じていた印象通りの「吃又」である。勿論だからつまらないと云う訳ではなく、これはこれで立派な「吃又」であったと思う。

 

将監に苗字・印可を許されて喜び、おとくの鼓に合わせて大頭の舞を舞う所などは、この優の天性の愛嬌が発揮されて、実に微笑ましい場になっている。何度も云う様だが、南座を観ていなければ、かなり満足度の高い「吃又」であったと思う。勿論勘九郎猿之助、市蔵には何の落ち度もない(苦笑)。

 

続いて第四部、『日本振袖始』。近松作の時代物浄瑠璃を、六代目歌右衛門義太夫舞踊に直したもの。大和屋の休演により、菊之助の岩長姫実は八岐大蛇、彦三郎の素戔嗚尊、梅枝の稲田姫と云う配役。普通代役と云うのは同じ座組の中から出すのがセオリーだが、三人しか出演者のいない狂言。急遽予定になかった彦三郎を呼び寄せる形になった。当然初役。しかしこれが実に見事な素戔嗚尊だった。

 

元々声が素晴らしい優だが、その朗々とした科白廻しは素戔嗚尊に相応しい立派なもの。立ち回りも踊りが体にある人なので、実にきっぱりしていてとても代役とは思えない。いや代役なればこその熱演だったのかもしれない。急な変更だったとは云え、相手が劇団で馴染みの菊之助・梅枝だった云う事も大きいのだろう。まぁ馴染みのない役者に代演は頼まないだろうが。

 

菊之助の岩長姫実は八岐大蛇も素晴らしい。元々兼ねる役者の菊之助。姫での美しさ、大蛇の古怪な恐ろしさ、その両方を見事に演じ分けている。大和屋バージョンを観れれば比較も出来たのだが、真女形の大和屋だと姫はともかく、大蛇のこのおどろおどろした所はここまで出せなかったのではないかと思う。まぁ観ていないので断定は出来ないけれど。しかし比較はせずとも、流石菊之助と云う出来だった。

 

梅枝の稲田姫も、その古風な役者顔が神話を元にしたこの狂言に似つかわしく、その美しさが贄になる哀れさを一入感じさせるいい稲田姫。総じて梅枝以外の二人が代役だったとは思えない、実に見事な『日本振袖始』だった。

 

今年も本当に押し詰まってきた。後は国立の第一部を観たら芝居納め。その感想は観劇後、また改めて綴りたい。