fabufujiのブログ

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

十二月大歌舞伎 大和屋の「阿古屋」

十二月大歌舞伎夜の部を観劇。その感想を綴る。

 

大和屋と云えば「阿古屋」、「阿古屋」と云えば大和屋。六代目歌右衛門から直接うつされ、その正統な後継者たる地位を不動にした名狂言。大和屋と同時代に生きて、これを観ない手はない。もしかしたら歌舞伎座では最後かも・・・と思いながら観劇、そしてひたすら感激。

 

花道から出てきたところ、囚われの身ながら、囲んでいる捕手を従えている様に見えるその貫禄。正に歌舞伎座の立女形である。舞台に回って岩永に散々責められるも全く動じず、これ程女形の貫禄を見せる芝居はちょっと他にない。身ごもった子を拷問するぞと脅されても「そんなこと怖がって、苦界が片時なろうかいな」と三段の上で決まった姿のその美しさ。古希近いと云うのに、驚異的だ。

 

重忠に琴・三味線・胡弓を弾く様に命じられるクライマックス。敢えて表情を消し、無心に弾き続ける阿古屋。三曲全て素晴らしかったが、今回は特に胡弓の「吉野龍田の花紅葉」が胸に沁みた。終始遊君の貫禄たっぷりで、大和屋の至芸を堪能出来た。

 

脇も素晴らしく、人形振りの岩永を松緑が好演。踊りの上手い優だけに、角々の決まりもきっぱりしていて、流石の岩永。そして出色だったのが、彦三郎の重忠。見事な捌き役ぶりで、情のあるところを見せ、今まで筆者が観た彦三郎の中では一番の出来。この優のニンは捌き役に向いている(襲名も「石切り梶原」だったし)。先月平成中村座で観た実盛などもやって欲しいものだ。全て本役の素晴らしい「阿古屋」だった。

 

続いて『あんまと泥棒』。中車の秀の市に松緑の権太郎。こう云う新歌舞伎の役は、既に手の内に入れている中車。松緑との掛け合いも絶妙で、場内大いに沸いていた。松緑が劇団で鍛えられた見事な世話の味を見せてくれる。贅沢な注文かもしれないが、中車にもう一息和らかな軽い世話の雰囲気が出せれば、満点だろう。熱演してしまう優なので。

 

最後は梅枝・児太郎による『二人藤娘』。筆者の後ろに座っていた女性が「奇麗ね」と感心した様に呟いていた。正に時分の花の「藤娘」。全体に弟分の児太郎がリードする様な展開だったが、二人のイキも合い、いい踊りになった。特に後半の酒が入ってからの踊りが艶やかで、二人の若女形が進境著しいところを見せてくれた。今度はそれぞれ一人で「藤娘」を踊って欲しい。ここまで出来れば、充分やれるだろう。

 

全体に女形主役の師走歌舞伎。こう云う月もあっていい。今年の歌舞伎観劇も残るは今週観劇予定の国立劇場播磨屋のみ。一年早いものだとつくづく感じる。最後はしっかり播磨屋に〆て頂きましょう。

平成中村座 十一月大歌舞伎 勘九郎の『実盛物語』扇雀・七之助の『狐狸狐狸ばなし』

平成中村座昼の部を観劇。その感想を綴る。

 

幕開きは『実盛物語』。勘九郎の実盛に亀蔵の瀬尾、児太郎の小万、新悟の葵御前。太郎吉を中村屋次男長三郎がつとめる。勘九郎が実にいい実盛で、颯爽とした正に捌き役。小万の腕を切り落としたいきさつを語る物語の長台詞も、名調子を聞かせてくれた。「鬢髭を墨に染め」と太郎吉に討たれる約束をする所も実の親子故にか情愛に溢れ、いい場となっている。平成中村座は舞台が近く、勘九郎が長三郎を馬に乗せる場面で小声で「しっかり手綱を持って」と注意している声が聞こえ、微笑ましかった。

 

脇では亀蔵の瀬尾が義太夫味は薄いが、手強さと情味を併せ持ったいい瀬尾。新悟も葵御前を行儀良く演じ、好感が持てる。児太郎の小万も悪くはないが若干淡彩な印象。ただ勘之丞の九郎助が弱く、これは残念。九郎助は大役であり、これがしっかりしていると、もっと義太夫味が出るのだが。

 

続いて七之助の『近江のお兼』。夏の巡業で梅枝で観たが、七之助もいい。流石中村屋のDNA。愛嬌と艶っぽさがあり、実にいい女形舞踊。亡き勘三郎が得意にしていた踊りだが、真女方七之助の方が本寸法だろう。勿論踊りの上手さはまだお父つぁんには及ばないが、時分の花ならではの美しさで充分カバー。時代物と世話物狂言の間に挟まり、プログラム的にも良かったと思う。

 

最後は『狐狸狐狸ばなし』。扇雀の伊之助、七之助のおきわ、芝翫の重善、亀蔵のおそめと云う配役。理屈抜きに楽しめるいい狂言。騙し騙されの男女の化かし合いを狐と狸に例えたタイトルそのままの喜劇だが、一抹のペーソスもあり、初めて歌舞伎を観劇する人にも楽しめる狂言だろう。

 

中では七之助芝翫が存在感がある。特に芝翫は先日の素晴らしかった「俊寛」の好調ぶりを持続させていて、貫禄もあり、見事な破戒僧ぶり。七之助も夏の「星野屋」に続き、男を騙す役が手の内に入っている。

 

ただ扇雀の伊之助が悪くはないのだが、女形が本領のこの優なら、もう少し和か味が出せるのではないか。笑いのツボも外さないし上手いのだが、もう一つ優男らしい和かさが欲しい。扇雀はきっと実直な人柄なのだろう。その辺りもっとくだけた感じが出せたらと思う。

 

脇では虎之介が大活躍。まだ役者としては技術不足だが、これ程存在感のある役を勤める虎之介を見るのは初めて。実の父である扇雀をいじり倒して「オイラは子供の頃からやられていたんだ」などと、実話かと思わせる様なギャグを盛り込んで、客席を沸かせていた。これからもどんどん役をこなして、大きくなって行って欲しい。亀蔵のおそめは出番は少ないが、流石の存在感。この優は守備範囲が広い。得難い役者だと思う。

 

丸本あり、踊りあり、新作の世話狂言ありとバラエティーに富み、楽しめる狂言立てだった。亡き勘三郎所縁の狂言を息子達がしっかり引き継いでいる姿は頼もしく、天国でお父つぁんも安心している事だろう。虎は死して皮を残すが、役者は死して芸を残す。中村屋、安らかに・・・。

平成中村座 十一月大歌舞伎 写真

f:id:fabufuji:20181203074318j:plain

平成中村座昼の部に行って来ました。

 

f:id:fabufuji:20181203074337j:plain

入口です。

 

f:id:fabufuji:20181203074353j:plain

なんであなたの追善をやらなきゃいけないのですか。中村屋・・・

 

うららかな小春日和の日でした。感想はまた別項で綴ります。

 

十一月 京都四條南座 吉例顔見世興行 昼の部 高麗屋父子の『連獅子』 、白鸚の『御存 鈴ヶ森』

続いて昼の部を綴る。

 

幕開きは『毛抜』。成田屋の家の芸である歌舞伎十八番なのだが、二代目左團次が復活上演した高島屋所縁の狂言左團次の粂寺弾正、当然ながら素晴らしい。左團次の弾正は荒事味と云うよりは、腰元や若衆と戯れる時に見せる愛嬌に特徴がある。弾正は単純な荒事の主人公ではないので、『忠臣蔵』の師直をやらせても何とも云えない愛嬌を醸し出す左團次には、うってつけの役。たっぷり堪能させて貰った。左團次は八十歳近いのだが、その所作には衰えは見られない。ただ科白が完全には入っておらず、プロンプターがついていた。筆者は楽日近くに観たのだが、連日こうだったのですかね、高島屋(笑)。

 

続いて高麗屋父子による『連獅子』。いや~染五郎、踊れる様になって来ているじゃないですか。夏の『龍虎』に比べ、格段の進歩。あれはこの為の練習台だったか(笑)。役者として科白はまだまだだが、流石舞踊松本流家元の惣領、踊りの腕は芝居より先を行っている。父子故にか、イキもぴったりで、非常にすっきりとした清々しい『連獅子』。愛之助鴈治郎による間狂言も軽妙で、大いに楽しめた。

 

幸四郎の親獅子は絶品。大きく且つ美しい毛振りは観ていて壮観の一言。幸四郎の踊りは一つ一つの所作が美しく、メカニカルな意味でも素晴らしい舞踊なのだが、この人の踊りはそれだけに終わらない。その舞踊が持つ意味が非常に良く分かるのだ。『連獅子』は誰でも知っている様に、獅子の子育ての物語なのだが、その物語性が他の人よりも明瞭なのだ。我が子を谷底に突き落として「憶せしか」と谷を見込むところも、我が子に厳しい試練を与えつつも、その身を思う親獅子の気持ちが客席にもしっかり伝わってくる。本当に稀有な踊り手だと思う。

 

次は『封印切』。松嶋屋の忠兵衛、本当は忠兵衛をやりたかったであろう鴈治郎が八右衛門にまわり、孝太郎の梅川、秀太郎のおえん、左團次の治右衛門と云う手堅い布陣。これで悪い訳がない。松嶋屋は、花道の出からして和か味のある、いかにも上方和事の二枚目ぶりで、客席の雰囲気を一気に江戸時代の大阪新町に変えてしまう。しかしこの人の芸風は所謂上方の他の役者と違って、すっきりとしている。八右衛門に煽られて封印を切るところも、色々逡巡したあげくに切る鴈治郎型の忠兵衛と違い、あまり粘らずにぐっと思い切って切ってしまう。ジャンルは違うが、落語の亡き米朝の芸風もそうだったが、このすっきりしたところが東京人にも好まれ、両者を上方に留まらない全国区的な存在にしている一つの理由だと思う。

 

脇では鴈治郎がニンではない八右衛門を好演、孝太郎が儚げないい梅川で達者なところを見せる。そして素晴らしいのが秀太郎のおえん。幕切れで忠兵衛とおえんを見送るところ、情が溢れて思わず涙を誘う。松嶋屋兄弟にとってはホームでの上方狂言。ひと際気合が入っていたのではないか。

 

最後がいよいよ襲名狂言『御存 鈴ヶ森』。白鸚の長兵衛に愛之助権八。本当の江戸狂言を京都での襲名に持って来る辺り、白鸚の自らの芸に対する自信を感じさせる。そしてこれがまた素晴らしい。狂言半ば迄は登場しない長兵衛なのだが、駕籠を開けた途端「高麗屋!」の大向こう。そしてその大きさ、江戸前の鯔背な雰囲気、もうここだけでいい長兵衛だと判る。そして「お若ぇの、待たっせぇやし」の名調子。正に天下無敵、当代の長兵衛だ。

 

また愛之助権八が艶やかないい権八。だんまりの立ち回りも、いかにも歌舞伎の立ち回りらしく優美でいながらキレもある。「雉も鳴かずば」も素晴らしい調子で、初役とは思えない立派なもの。長兵衛の白鸚とのつり合いも良く、非常にいい「鈴ヶ森」になった。ただ襲名披露の主役の一人である白鸚の出番が、昼の部はこれだけだったのは些か寂しい。その名人芸をもっと見たかったというのが偽らざる本心である。白鸚の年齢を考えれば、そうそう無理はさせられないとは思うが。

 

昼も夜に劣らずいい狂言続きで、素晴らしい襲名披露公演だった。わざわざ京都迄出向いた甲斐があったと云うものだ。来月の南座も素晴らしい座組なので、続けて観たくなるが、財政的に厳しいか・・・歌舞伎座で大和屋の「阿古屋」もあるし。芝居好きとしては悩ましい年の瀬である。

十一月 京都四條南座 吉例顔見世興行 夜の部 高麗屋の『勧進帳』

南座新開場高麗屋襲名披露を観劇。まず夜の部から。

 

幕開きは『寿曽我対面』。松嶋屋の工藤、愛之助の五郎、孝太郎の十郎、秀太郎舞鶴、吉弥の大磯の虎、壱太郎の化粧坂少将と役者が揃った実に結構な「対面」。松嶋屋は流石に貫禄たっぷり。やはり工藤は座頭の役なのだ。技術だけではしおおせない何かが工藤にはある。

 

愛之助と孝太郎は芸格が揃い、観ていて実に気持ちのいい曽我兄弟。そして特筆したいのは吉弥の大磯の虎。その美しさ、その品格、正に当代の虎。還暦過ぎていても、その美貌には些かの陰りもない。若い壱太郎を圧倒していた。大向うから盛んにかかる「美吉屋!」の掛け声にも後押しされて、素晴らしい大磯の虎だった。

 

『口上』は高麗屋三人を山城屋と松嶋屋が挟む格好で、僅か五人での披露。大一座の口上が続いていたので、こう云う行き方もいいものだ。松嶋屋が、大怪我を克服して今日に至った幸四郎を「奇跡」と表現していたのが印象的だった。

 

続いてお目当て『勧進帳』。七月に大阪で観た幸四郎の弁慶が素晴らしく、このブログで、ここまで出来るなら滝流しが観たいと書いたのだが、やってくれました滝流し付きの弁慶!幸四郎がこのブログを目にする事は100%ないだろうが、リクエストに応えてくれた気分で最高だった。

 

今回も「延年の舞」の素晴らしさは筆舌に尽くし難い。大阪の時よりも一段大きくなっており、滝流しも力強く実に見事。そして今回は富樫の白鸚が何とも凄い。実にエモーショナルな富樫。最初山伏は一人たりとも通すまじと云っていたものが、「問答」を聞くにつれ、これは義経一行ではないと思い始める。そこの具合がはっきりと見て取れる。この行き方は松羽目物の矩を超えると云う批判もあるだろうが、常日頃から「古典を現代に」と云っている白鸚ならではの富樫。筆者は全面的に支持したい。

 

そして呼び止めから打擲。ここでの白鸚がまた凄い。「判官殿にもなき人を、疑えばこそ」での表情がたまらなくいいのだ。ここで富樫ははっきりと義経一行だと確信する。しかし主人を打擲する弁慶の必死の思いに打たれ、通行を許す。する事は誰がやっても同じなのだが、ここでの白鸚の表情は、感動とも、哀感とも、諦念とも、何とも表現出来ないものなのだ。そして全てを自らが被る覚悟の思い入れ。本当に凄い富樫だった。

 

こんな富樫を前にしては、弁慶が冷静でいられる訳がない。二人のやり取りは緊迫感溢れ、大きな感情のうねりの様なものが横溢する凄い迫力で、筆者はひたすら圧倒され続けた。四月の御園座で今回とは逆の配役での『勧進帳』を観たが、二人の芸のぶつかり合いとしては、今回の方が相性はいい様に思う。

 

染五郎義経は勿論まだまだ未熟。科白もまだ役者のそれではない。しかし「判官御手を」ではその未熟故にいい場になっているのだ。義経は苦労人とは云え、生まれながらの貴種である。貴種と云うものは、感情を表に顕す事を恥とするものだ。染五郎義経は、未熟な科白術故に余分な情緒が入っておらず、いかにも貴人の科白といった趣があり、源家の若大将の風情が感じられるのだ。しかも染五郎には生来の気品がある。これを食い足りないと見る向きは多いだろうが、今はこれでいいのだと思う。技術は後から付いて来るものだ。四天王も、友右衛門、高麗蔵、宗之助、錦吾と揃って素晴らしい『勧進帳』になった。

 

最後は『雁のたより』。いかにも上方和事の典型といった狂言鴈治郎秀太郎が上方の風情をしっかりと出している。幸四郎の金之助は、これがさっきまで弁慶をやっていた人と同じ人間かと、疑うばかりの白塗り二枚目ぶり。そして市蔵の高木治郎太夫がお家を思う家老らしい大きさと折り目正しい芝居で、しっかり脇を締めていた。観客にも極度の緊張を強いた凄い『勧進帳』の後なので、こう云う狂言が幕引きにはぴったりだと思う。

 

狂言いずれも素晴らしく、南座の新開場を飾るに相応しい、手応えのある舞台だった。昼の部はまた別項で綴る。

十一月 京都四條南座 吉例顔見世興行 写真

f:id:fabufuji:20181126073650j:plain

京都南座新開場記念、高麗屋襲名披露に行って来ました。

 

f:id:fabufuji:20181126073705j:plain

ポスターの撮影は禁止されていたので、モニターです。

 

f:id:fabufuji:20181126073720j:plain

襲名祝幕です。

 

f:id:fabufuji:20181126073739j:plain

四條大橋から。高麗屋襲名を寿ぐかの様に、虹が架かっていました。

 

いや~素晴らしい襲名披露興行でした。感想はまた別項で。