fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

秀山祭九月大歌舞伎 播磨屋・幸四郎の「寺子屋」、幸四郎の弁慶、歌六の『松浦の太鼓』

秀山祭九月大歌舞伎夜の部、幸四郎の弁慶がある偶数日を観劇。その感想を綴る。

 

播磨屋が倒れる前に観劇した。体調悪そうには見えなかったが・・・気力を振り絞っていたのだろうか。心配だ。大事ない事を祈りたい。

 

幕開きは「寺子屋」。播磨屋の松王、幸四郎の源蔵、又五郎の玄蕃、福助の園生の前、菊之助の千代、児太郎の戸浪、鷹之資の涎くり、丑之助の菅秀才と云う配役。ベテランと花形を組み合わせた、非常にいい座組だ。

 

播磨屋の松王はもう手の内のもの。古怪な大きさ、義太夫味では何と云っても白鸚だが、今回の播磨屋はよりリアルだ。源蔵と千代が例えば松嶋屋と大和屋だったら、もう少し違う肌合いになったかもしれないが、甥っ子と義息相手ではこのリアルな行き方がいいと思ったのかもしれない。芝居はキャッチボール。相手あっての事だから、自分独りよがりでは面白くはならない。今回の播磨屋は、花形に囲まれて存在感を示しつつ、芝居のバランスを崩さない絶妙な匙加減。正に名人芸だ。

 

何と云っても印象的だったのは、一子小太郎の最期の様子を聞いた時の「笑いましたか!」から「桜丸が不憫でござる」に至る述懐、所謂大落としだ。この場での播磨屋のリアルな芝居は、現代人の胸に直接響いてくる。もどりになる前の前半部分、首実検に至る迄の松王が非常に手強い出来なので、この大落としが俄然生きる。播磨屋の芝居の上手さはやはり抜群だ。

 

対する幸四郎の源蔵も上々の出来。花道の出は、大きな物を背負っている重々しさを感じさせる松嶋屋に比べ、心ここにあらずの風情で、茫然として歩いている。家に近づき、七三でふっと気を変える。ここが上手い。我に返った源蔵をしっかりと表現している。「いずれを見ても山家育ち」や「せまじきものは宮仕え」の科白も、義太夫味が出てきており、ニンにも合った素晴らしい源蔵。「何たる馬鹿言!」も気合が横溢し、何かあったら松王を斬り倒すと云う気組みが、客席にも十分伝わる。何より叔父さんを向こうに回して見劣りがしないのは芸が大きくなった証拠だろう。

 

同じく菊之助千代も、播磨屋の奥方として恥ずかしからぬ見事な千代。芸風としてクールな印象の菊之助だが、今回は子を失った悲しみに耐えながら手拭を噛む姿に母親の情が溢れ、思わず貰い泣きをした。播磨屋の薫陶を受けた花形二人、素晴らしい出来だったと思う。

 

脇では又五郎の玄蕃が非常に手強い出来。児太郎の戸浪は科白回しが若干走る傾向にはあるが、この座組で仕おおせたのは大手柄。抜擢に良く応えていた。福助はやはり右半身が不自由そうで、二重舞台に上がれないのだろう、駕籠を裏に入れて舞台奥からの登場。流石の位取りを見せてくれたが、動かない身体が観ていて痛々しい。本人ももどかしいだろう。あまり無理はして欲しくないところだ。総じて今日の「寺子屋」とも云うべき素晴らしい舞台で、大満足の一幕だった。

 

続いて幸四郎の弁慶、錦之助の富樫による『勧進帳』。幸四郎の弁慶を観るのはこれで4回目。もう完全に自分のものにしている。去年の南座に続き、またも「滝流し」付きの弁慶。誤解を恐れず云えば、筆者にとって幸四郎の弁慶を観る最大の楽しみは「延年の舞」にある。しかも「滝流し」付きときては堪らない。ここはもう独壇場だろう。

 

芝居としてもお父っつあん譲りの気迫満点の弁慶で、錦之助の富樫を圧倒していた。錦之助が弱いのではない。幸四郎が凄すぎるのだ。とにかくこの関を通る、その一念が歌舞伎座の大舞台一面を覆いつくす。高麗屋の芸はしっかり次代に継承された。とは云ってもまだまだ白鸚には老け込んで貰っては困るが(笑)。錦之助も非常に規矩正しい富樫。幸四郎と芸格の揃いも良く、このコンビで今後練り上げて行って欲しいものた。最後の幕外で天に向かって一礼する時は、大概客席から拍手が来てしまうものだが、この一礼は客席に向けたものではない。今回ここで拍手は起きなかった。天に対する深い感謝の思いを、観客も感じ取ったのだと思う。飛び六法も力感に溢れ、見事な弁慶だった。

 

最後は『松浦の太鼓』。歌六の松浦公、又五郎の源吾、東蔵の其角、米吉のお縫と云う配役。歌六は初役で、播磨屋の手ほどきを受けたと云う。歌六は流石に芝居上手。殿様としての見事な位取りを見せてくれる。ただ播磨屋に比べると、愛嬌が薄い。松浦公の我儘で気まぐれな一面の表現は、歌六の芸風には合わないのだろう。脇では東蔵の其角が流石の名人芸。又五郎の源吾は、松浦公の前で討ち入りの首尾を語る長科白で、名調子を聴かせてくれた。

 

大作三作を揃えて、非常に充実した秀山祭夜の部。播磨屋の体調だけが気にかかる。人間国宝播磨屋は、文字通り国の宝。幸い幸四郎松緑が熱演でその穴を埋めていると聞く。しっかり療養して、完全な体調での復帰を待ちたい。

 

昼の部については、また別項にて綴る。

九月花形歌舞伎 愛之助・七之助・中車の『東海道四谷怪談』

京都南座公演九月花形歌舞伎『東海道四谷怪談』を観劇。その感想を綴る。

 

関西では実に26年ぶりと云う「四谷怪談」。愛之助伊右衛門、中車の権兵衛、七之助がお岩・与茂七・小平の三役をこなすと云う配役。大和屋が監修でついている。色々問題はあったが、総体的に筆者はとても面白く観劇出来た。

 

まず良かったのは七之助のお岩だ。筋書きで七之助がお岩の事を、ピュアで哀れな女性と云っていたが、正にその通りのお岩になっていた。最も良かったのはクライマックスの二幕「元の伊右衛門浪宅の場」。例の髪梳きの場面だ。ここでの七之助は、夫に騙された無念さ故の凄まじい妄念をその指先の僅かな震えで表現し、外の暑さを忘れさせる素晴らしい芝居を見せている。しかしその面貌は醜く変貌してはいるのだが、色気も充分にあり、初役とは思えない見事なお岩を演じてくれていた。

 

お岩は父勘三郎も演じていて、絶品とも云うべきものだったが、勘三郎は基本立役。七之助女形である自らの特徴を良く把握していて、凄惨な場面でも漂う色気は女形ならではのもの。これは当たり役になると確信した。ただ問題がなくはない。髪梳きの前の場で、按摩の宅悦との二人芝居になり、伊右衛門に脅された宅悦がお岩を口説く場面。ここは科白のやり取りがメインになるのだが、あまり動きがない場で千次郎の宅悦が喰い足りないせいもあり、場がもたない。これからの課題だろう。

 

立役の他の二役与茂七と小平は、お岩に比べれば見劣りがする。小平はともかく、与茂七はこの芝居の中では正義のヒーロー。だが七之助は線が細く、きっぱりしない。ここはやはり父勘三郎の素晴らしさが恋しくなる。七之助女形である弱点が出てきてしまった。もう一段の精進に期待したい。

 

愛之助伊右衛門はニンにも合った正に適役。色悪の典型的な役だが、色気、悪の凄み共申し分のない出来。元々芝居の上手い優だけに、序幕「浅草観音額堂の場」も、勘之丞の左門が不出来だったにも関わらず、それに引き摺られる事なく手堅い出来。二幕「雑司ヶ谷四ッ谷町伊右衛門浪宅の場」での子供の泣き声に苛立ち、産後の肥立ちが悪いお岩に辛く当たるところの酷薄さ、申し分ない。

 

この伊右衛門と云う男は主体性がなく、男はいいのだが要するに行き当たりばったりな人間。宅悦にお岩を預けてさっさと逃げ出しておきながら、帰ってお岩が死んでいるとその罪を小平になすりつけて殺し、例の戸板返しになる。お岩が死んでこれ幸いとお梅と枕を交わすのだが、お岩の亡霊にとり憑かれお梅を殺してしまう。このあたりの悪人でありながら、小心なところも愛之助は実に上手く芝居にしている。大手柄だったと思う。

 

中車の権兵衛もいい。序幕「浅草観音額堂の場」での壱太郎のお袖を口説くところなども、役者歴30年で積み重ねた技術と、身体に世話の味が入ってきた最近の成果を存分に見せてくれる。ただ歌舞伎特有の、会話の最後でぐっと気を変える科白のあたりがもう少し、本当にもう少しなのだ。ここらがしっかり歌舞伎の科白らしくなれば、この優は素晴らしい世話物の役者になれる。期待したいと思う。

 

脇では歌女之丞、萬次郎は流石に手堅い出来。亀蔵が舞台番の役で、幕開きと大詰「蛇山庵室の場」の前に幕外に出てきて、状況説明を芝居風に聞かせる。今回は「三角屋敷」が出なかったので、その説明は確かに必要だった。いつの間にか権兵衛が死んでしまっているのだから。省略の場を上手く繋ぐ、いい工夫だったと思う。

 

色々注文もつけたが、花形全力投球のいい芝居だった。脇が人材不足で、宅悦や左門の弱さが気にはなったが、主力を歌舞伎座に取られている状況では是非もない。主役三人はそのままで、今度は歌舞伎座で観てみたい、そう思わせる「四谷怪談」だった。

 

今月はこの後歌舞伎座の昼の部及び、弁慶の幸四郎バージョンがある夜の部を観劇予定。感想はまた別項にて。

九月花形歌舞伎 『東海道四谷怪談』(写真)

f:id:fabufuji:20190909073931j:plain

京都南座に行って来ました。

f:id:fabufuji:20190909074000j:plain

私の座席から撮った客席です。満員の盛況でした。

f:id:fabufuji:20190909074036j:plain

ポスターです。光って上手く撮れなかった・・・

f:id:fabufuji:20190909074111j:plain

八坂神社に先代九團次の石塔を発見。少し感動。

 

大和屋監修の「四谷怪談」。感想はまた別項にて。

 

秀山祭九月大歌舞伎 松嶋屋の弁慶

秀山祭、昼の部を観劇。初めて観た松嶋屋の『勧進帳』の感想を綴る。

 

11年ぶりと云う松嶋屋の弁慶。幸四郎の富樫、孝太郎の義経、四天王に亀蔵・萬太郎・千之助・錦吾を配する布陣。去年の大阪松竹の時と、弁慶・富樫を入れ替えた形。しかし主役が替われば芝居は変わる。実に独特な『勧進帳』だった。近年の松嶋屋は、一世一代を謳って演じ納める芝居あり、久々の芝居あり、十八番の開陳ありと、その芸の集大成を意図していると思われる。この弁慶もその一環だろう。

 

花道の出は、義経に跪く形。最近は立っているよりこちらの方が多い印象。「いでや関所を」では、常陸坊が立ち上がって四天王を押しとどめる行き方。舞台に廻っての富樫とのやり取りだが、特徴的だったのは、とにかく松嶋屋の科白回しがゆったりであった事。これに呼応する形で、富樫のそれも自然とゆっくりになる。去年の大阪でも、松嶋屋のセジェスチョンか、山伏問答を始めとする科白回しは、ゆったり目だった。今回はそれがよりゆっくりになっている。その結果科白の一つ一つが良く聴き取れ、分かり易い。

 

松嶋屋の科白のテンポは、筆者は映像でしか観た事がないが、七世幸四郎のそれに近い印象。ただ幸四郎の科白回しはより時代がかっていたが、松嶋屋のそれはもっと現代調だ。あまり謳い上げる事をせず、しっかり科白としての云い回しになっている。ただその結果、この狂言が本来もっていたリズムが犠牲になる。

 

七世幸四郎と十五世羽左衛門も、山伏問答の時は非常にイキを詰めたやり取りで緊迫感を出している。当代白鸚もそうであると云うか、誰でもここはテンポを上げて白熱した場にしようとする。しかしここでも松嶋屋は急がない!と云うか、音楽で云うところのアッチェレランドをしないのだ。これは一つの見識であり、間違った行き方とは思わない。だが、重要な相手役であるところの幸四郎の富樫が、この間をもたせる事が出来ない。その結果、いつもこの場に漲る緊迫感が薄く、弛緩した印象になってしまった。襲名後充実している幸四郎だが、このテンポで松嶋屋の弁慶に対峙するのは厳しかった様だ。白鸚播磨屋だったら、何とかしたとは思うが・・・。

 

勿論松嶋屋の弁慶は立派なものだ。勧進帳の読み上げの見事さ、とりわけ「判官御手を」の場面では、私が今まで観た弁慶の中でも、最も義経に恐懼している気持ちが表れている様に思えた。ただ大阪でもそうだったが、この場の孝太郎の義経は源家の若大将としての気品や情味に欠けており、残念。ニンではないのかもしれない。石投げや不動などの見得は、見得として決めると云うより、芝居の流れの中にすっと溶け込ませている印象。非常に自然だ。

 

延年の舞は、舞踊としてメカニカルに見せると云うより、その風情で見せる行き方。ただ、この場では疲労の色が観てとれた。松嶋屋の年齢を考えれば致し方ないだろう。いよいよ最後、幕外での飛び六法。荒事としての豪快さは白鸚に一歩譲るが、二枚目役者の松嶋屋らしい、スッキリとした美しい六法。ただこれも年齢故にか、花道中央あたり迄進んでからの六法で、幸四郎の様に、花道を目一杯使っての六法ではなかった。

 

幸四郎の富樫は、上記の様に山伏問答の独特の間をもたせる事は出来なかったが、総じて見事なもの。形も科白回しもきっぱりしていて、情味もあるいい富樫だった。もしかしたらこの後日を重ねれば、山伏問答もこのテンポに馴染んでこなせる様になるかもしれない。

 

通常の『勧進帳』より、上演時間が数分だが長くかかったのは、今まで記した様なテンポの故だろう。松嶋屋幸四郎に高いハードルを課したのかもしれない。最後にもう一つ、詰め寄りの杖の持ち方が、通常の両手とも逆手ではなく、順手と逆手で持っていた。今この持ち方をする人を、筆者は他に知らない。小さなところだが、印象に残った。

 

長くなったので、他の演目はまた別項にて。

秀山祭九月大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20190904065632j:plain

秀山祭、行って来ました。3枚つづりのポスターです。

 

f:id:fabufuji:20190904065648j:plain

昼の部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20190904065703j:plain

夜の部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20190904065720j:plain

歌昇の子供、又五郎の孫。時の流れは早いなぁ・・・

 

f:id:fabufuji:20190904065739j:plain

今年の秀山祭は、三世歌六の追善興行でもあります。

 

江戸時代に生まれた役者を、令和になって追善する。歌舞伎ならではの素敵な事です。それだけ伝統のある芸能であるし、追善する方もされる方も、いい役者である証拠。公演の感想はまた別項にて。

 

八月納涼歌舞伎 第一部 幸四郎・七之助の『伽羅先代萩』

八月納涼歌舞伎第一部の感想を綴る。

 

義太夫狂言の名作中の名作『伽羅先代萩』に、幸四郎七之助が挑んだ。幸四郎の仁木・八汐、七之助の政岡、児太郎の沖の井、扇雀の栄御前、巳之助の男之助と云う配役。完全に令和新時代を睨んだキャスティングだ。幸四郎の八汐、七之助・児太郎・扇雀・巳之助がいずれも初役。どうなるものかと思っていたが、これが素晴らしかった。

 

まず七之助の政岡が初役と思えない出来。しかも「飯炊き」付きだ。女形最高峰の至難の大役だが、見事にやり遂げてくれた。大体誰がやっても「飯炊き」は動きも少なく、ダレずに演じるのは難しい場面。だが今回ここが実にいいのだ。

 

「飯炊き」の手順に追われている感がない。茶道のお点前に則ってご飯を炊くだけのシーンなのだが、背中越しに幼君と息子がいると云う肚がしっかりある。それが客席からも判る。子役二人が甥っ子だったと云うのも大きいかもしれない。知らず知らずの内に、肉親の情愛が出て来るのではないか。

 

そして八汐に我が子千松を目の前で刺殺されながら、鶴千代を護って身じろぎもしないその凛とした姿勢もいい。そこがいいから、我が子の死骸と二人きりになった後の慟哭が生きる。遺骸を抱きかかえて御殿に上がり「千松!」と我が子に呼びかけて泣き崩れる場面では、筆者も堪えきれずに涙。本当に初役とは思えない見事な政岡だった。

 

それを受けての幸四郎の八汐がまたいい。当代の八汐役者と云えば何と云っても松嶋屋だが、松嶋屋は何度も勤めた余裕からか、実に憎体な中にも何とも云えない愛嬌、悪役らしい愛嬌が滲むのだが、初役の幸四郎にその余裕はない。ないだけにしっかり丁寧に演じており、憎々しさをしっかり出していて、流石と思わせる出来だった。

 

そしてもう一役の仁木弾正。これがまた素晴らしい。幸四郎の仁木は去年の博多座での襲名で「伊達の十役」で観ていて見事な出来だったが、今回の「先代萩」の仁木もそれに劣らない。すっぽんからせり上がってきたところ、巨悪の太々しさ、おどろおどろしたところをしっかり出している。科白がほとんどない役なので、役者の身体で見せなければならない仁木。本来幸四郎のニンではないと思うのだが、襲名以降進境著しい幸四郎には、ニンなど関係なかった。花道を引き揚げる仁木の相貌は、お父っつあんの白鸚を思わせて、普段この親子の顔はそんなに似ているとは思っていなかったのだが、やはり血だなぁと思わせられた。

 

脇では扇雀の栄御前が見事な位取りと、憎々しさを出しており、児太郎の沖の井も政岡よりも位上位にある品格をしっかり見せていて、共にいい出来。そして巳之助の男之助が声も良く通り、力感もある素晴らしい男之助。三人とも初役とは思えない見事な出来。令和の時代にも、素晴らしい丸本が観れると確信させてくれる「先代萩」だった。

 

打ち出し狂言は『闇梅百物語』。河竹新七 の舞踊劇だが、これはあまり面白味がなかった。虎之介の新造はまだ歌舞伎役者の形になっていないし、彌十郎も大内義弘はともかく、狸はコスプレっぽくて、ふざけている様に見える。ただその中で、「枯野原の場」で幸四郎が出てくると、今までの場の雰囲気が一変する。きっぱりとした実にいい形で、この優の踊りはやはりモノが違う。虎之介にはこの幸四郎をじっくりと見て精進して欲しいと思う。

 

丸本から新作迄、バラエティに富んだ内容で、たっぷり堪能出来た八月。来月は秀山祭、京都南座を観劇予定。古典をじっくり味わいたいと思う。

 

 

八月納涼歌舞伎 第三部 大和屋・中車・七之助の『新版 雪之丞変化』

八月納涼歌舞伎第三部を観劇。その感想を綴る。

 

今まで何度も映画や舞台になってきた三上於菟吉原作の「雪之丞変化」。何と云っても長谷川一夫が決定版だが、筆者的には大川橋蔵も印象に残る。その作品に大和屋が挑んだ。しかも換骨奪胎して、今までとは全く違う色合いの作品に仕上げている。良し悪しはともかく、大和屋の壮大な挑戦と云えるだろう。

 

配役は大和屋の雪之丞・浪路、七之助の星三郎、中車が菊之丞・三斎・孤軒老師・一松斎・闇太郎の五役を兼ねる。但しこの中で、大和屋の浪路、中車の一松斎は映像のみ。そう、本作は舞台と映像を融合させた作品なのだ。しかもかなり大胆に取り入れている。そして七之助が演じた星三郎は、長谷川版にも大川版にも出てこない。おそらく七之助への当て書きだろう。ことほど左様に、今までの「雪之丞変化」とは違っている。これをどう考えるかで、今作の評価は変わってくると思われる。

 

幕開きは女形である雪之丞が「先代萩」を舞台で演じているところから始まる。八汐は星三郎の七之助。一部で七之助が政岡を演じているのを意識した上での演出。中々粋だが、ほんのさわりだけなので、どうと云う事はない。床下も付いていて、仁木は中車扮する菊之丞。一部の感想はまた別途綴るが、幸四郎が昼に演じているだけに比較されてしまうのが気の毒。頑張ってはいるが、やはり幸四郎の様にはいかない。ただ揚幕に入った後も映像が中車を追っていて、普段見られない奈落の様子などが舞台のスクリーンに映し出されたのは面白い趣向。

 

細かく筋を追っていくと長くなるので割愛するが、国元において悪人土部三斎の企みで両親が不慮の死を遂げ、女形になった息子雪之丞がその復讐を遂げるストーリー。そこに芸道話しが加わってくる。この世に役者と云う存在は必要なのか?復讐の為に自分は生きているが、本望を遂げたら自分と云う人間は何もなくなってしまうのではないか?と云う懊悩があり、それを度々師匠の菊之丞や先輩の星三郎にぶつける。これがこの芝居の大きなテーマだ。

 

しばしば映像のみで進行したり、実際に舞台で演じている役者と映像に映っている役者がやり取りをしたりする。歌舞伎劇の演出としては非常に斬新だが、必然性があったのかと云えば少々疑問。二次元と三次元のやり取りでは、どうしても芝居の肚が薄くなる。特に浪路を映像のみにしてしまっているので、原作にある復讐の為に犠牲になる浪路の悲哀が出てこない。雪之丞と浪路の悲恋物語は映画などでは大きな見せ場になっているので、残念だった。どちらの役も大和屋が兼ねているので、難しいとは思うが、例えば七之助に浪路を兼ねさせる様な行き方もあったのではないか。

 

途中これまた映像で「鷺娘」や「道成寺」が映し出されたり、七之助と「籠釣瓶」や「二人椀久」を演じたりする趣向もあるが、いずれもさわりのみでどうしても喰い足りない思いが募る。特に第一幕は盛り上がりに欠け、寂しい出来だった。しかし第二幕にになると、復讐に向けてぐんぐん近づいて行く緊迫感があり、純粋に芝居としての面白味が増してくる。特にこの幕から登場する中車の闇太郎は五役の中でも出色の出来で、雪之丞に浪路を利用して復讐を成就させる智恵を授ける辺り、世話の味をしっかり出せていて実にいい芝居になっている。仁木では未だしの感があった中車だが、歌舞伎役者としてのこの優の大きな進歩を見た思いだ。これがこの芝居の一番の収穫だったかもしれない。

 

最後は見事本懐を遂げて悲願成就となる。そして師匠菊之丞に、立派な役者としてこの後の人生を生きるのが一筋の光なのだと諭され、復讐のみでない役者としての自分の人生を見出す。幕引きは、かなめや芝のぶ以下を従えての「元禄花見踊」。ここを不要だったとする劇評もあったが、筆者の感想は真逆。立派な役者として生きる人生を見出した雪之丞の姿を印象づける、見事なエンディングだったと思う。そしてまたこの「花見踊」が実に素晴らしい出来なのだ。確かにたっぷり踊っているので、芝居の幕引きとしては、必要以上に長い。しかし今までの芝居の中で、立女形大和屋の歌舞伎役者としての芸がさわりだけしか見られなかった空腹感を埋めて余りある、見事な踊りだった。

 

全体として大和屋の目論見が完全に成功したとは云えないが、現代に生きる歌舞伎劇の一つの行き方を提示したかったのだと思う。その他脇では七之助は途中死んでしまう事もあり、存在感が薄い。しかも大和屋の先輩役者と云う役回りは年齢的にも無理があり、気の毒ではあった。中車は上に記した通りだが、五役の中で闇太郎に次ぐ出来だった一松斎が映像のみだったのが惜しまれる。この役はしっかり芝居で見たかった。狂言回し的な役割を担ったやゑ六の鈴虫は、まだ荷が重かった。今後の精進に期待したい。

 

残る第一部の感想は、また別項にて。