fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

九月大歌舞伎 第一部梅玉・松緑の『寿曽我対面』、第二部幸四郎・猿之助の『色彩間苅豆』

九月大歌舞伎の一部・二部を観劇。その感想を綴る。

 

まず第一部「対面」。梅玉の祐経、松緑の五郎、錦之助の十郎、魁春の虎、米吉の少将、歌六の新左衛門と云う配役。幹部・花形・若手とバランス良く配した布陣。何度も観ている芝居だが、歌舞伎の典型的な役どころが揃う儀式性の高い狂言で、筆者は好きな出し物。今回も中々楽しめた。

 

何と云っても松緑の五郎がいい。踊りの上手い優だけに、角々の決まりがキッパリしており、観ていて実に気持ちが良い。現代青年(と云っても早四十代だが)の松緑だが、この優はどこか歌舞伎の荒唐無稽な部分をその身体の芯から信じている風がある。それを筆者が感じたのは、「芋洗い勧進帳」だった。ああ云う狂言は、演じようと思って演じると嘘くさくなる。しかし松緑は実に自然に演じて見事だった。今回の五郎もそうだ。

 

客観的に見れば、工藤祐経と云う将軍に次ぐ位の人間がいるところに乱入して来て、大暴れする役。その所作は完全に歌舞伎の荒事で、現代の感覚からするとかなり荒唐無稽だ。それをただ演じるのではなく、五郎になりきる。役者なら当たり前の様でいて、こう云う役柄を現代人が演じるのは中々にハードルが高い。それを自然に演じて間然とするところがない松緑。私生活は知らないが、この優は心の奥底で歌舞伎の神様を信じている様な趣きがある。抽象的な表現で恐縮だが。でないとこう云う役どころは現代の役者に簡単に演じられるものではない。しかも踊りで鍛えたその所作は、過不足ない力感に溢れ、前髪の稚気もある見事なもの。改めてこの優の力量に感心させられた。

 

錦之助の十郎は正に本役。松緑と対をなす素晴らしい和事芸。米吉の可憐な美しさは、ちょっと少将にはまだそぐわない感。魁春の虎は流石立女形の貫禄。ただ梅玉の祐経は、この優のニンではなかった。梅玉は日本一の殿様役者だと、度々このブログでも書いているが、祐経はただの殿様にはない大きさと、手強さを出さなければならない。気品のある所作は流石梅玉ではあったが、この役の大きさは感じられなかった。客席は先月より空席が目立ったが、松緑の熱演が印象深い、いい「対面」だった。

 

続いて第二部『色彩間苅豆』、所謂「かさね」だ。幸四郎の与右衛門、猿之助のかさねと云う配役。この二人では、去年の巡業でも同じこの「かさね」を観たが、今回は席が良かったせいもあると思うが、更に素晴らしい出来。まず何より二人のイキがぴったり合っているのが素晴らしい。

 

度々ある決まりの良さは、踊りの上手い二人ならでは。特に幸四郎の形の良さは毎度の事ながら見惚れるばかり。花道を出て来て、被った菰を取っての決まり、土手の上と下で鎌を持って見合ったところ、この美しさが歌舞伎劇の一つの醍醐味だ。大向うがないのが実に残念。

 

猿之助のかさねは真女形ではない優だけに、美しい相貌が一変するその驚きと残酷な味やくどきの艶っぽさは、例えば大和屋や先代京屋に比べれば薄い。しかしその妄念と云うか、愛する与右衛門に裏切られた怒りの表現は無類のもの。それが幕切れに向かってぐんぐん盛り上がり、舞台にくぎ付けにさせられた。

 

幸四郎の与右衛門も素晴らしい。出て来た時のニヒルな表情と、少しトーンを抑え気味にした科白回しがまず見事。そして流れてきた髑髏に操られる様に次々と人を殺めるに至る正に色悪の典型的な役柄はニンにも合い、正に当代の与右衛門。花道でかさねの念力に引き摺られそうになるのを必死に抗う所作も実に真に迫り、迫力満点。

 

右近の栄寿太夫を三味線方に配して父延寿太夫が美声を聴かせる清元に乗って、実に見事な舞踊劇になっていた。これは今後もぜひこの二人で練り上げて行って欲しいものだ。時間にして45分位のものだが、これで一等席八千円はお得なのではないか。別に松竹の回し者ではありませんが(笑)。

 

三部・四部はまだ未見。また改めて感想を綴ります。

国立小劇場九月文楽公演『絵本太功記』 ~夕顔棚の段、尼ヶ崎の段(写真)

f:id:fabufuji:20200911081150j:plain

国立小劇場の文楽公演に行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20200911081207j:plain

同じくポスターの別バージョン。

 

f:id:fabufuji:20200911081238j:plain

太夫師・・・ご冥福をお祈り致します。

 

遂に文楽公演も再開。久々の国立劇場、堪能して来ました。呂太夫の素晴らしさと云ったら・・・声量こそ若い太夫にはかないませんが、その情感たっぷりな節回し!今まで観た文楽でも指折りの芝居でした。「太十」は歌舞伎で観るより文楽の方が、派手で動きもあって楽しめますね。

 

八月花形歌舞伎 第二部~第四部 勘九郎・巳之助・扇雀の『棒しばり』、猿之助・七之助の「吉野山」、幸四郎・児太郎の「源氏店」

再開された歌舞伎座の初日に駆けつけて、第一部のみを観劇。その他の部は日を改めて観た。その感想を綴る。

 

第二部は勘九郎の次郎冠者、巳之助の太郎冠者、扇雀の曽根松兵衛による『棒しばり』。云わずと知れた中村屋・大和屋にとっては先代からの当たり芸。当然の事ながら素晴らしい。

 

勘九郎の次郎冠者は勿論の事だが、今回巳之助の太郎冠者が気合の入った出来。久々の舞台、そして歌舞伎座で出し物をすると云う事でいつも以上に熱気がある。と云って別に大げさに演じている訳ではない。勘九郎を立てるところは立て、手を縛られたままでの踊りでは父譲りの非常にきっちりとした舞踊を見せる。勘九郎の次郎冠者は完全に自家薬籠中の物。扇雀勘九郎に近づく所では顔をしかめて口を押えるソーシャルディスタンスの笑いも取り、非常に軽くこの役らしい仕上がり。全体としてキリっと締まったいい『棒しばり』だった。

 

続いて第三部猿之助の源九郎狐、七之助静御前、猿弥の逸見藤太による「吉野山」。こちらはとにかく七之助静御前が今を盛りの美しさ。清元とシンクロしたその佇まいは、歌舞伎美の極致を思わせる。そして猿之助の源九郎狐は、十八番中の十八番。『棒しばり』もそうだが、感染リスクを避ける形での小人数の出し物で、それぞれ十八番を抜いて来ているな、と云う印象。最後は花道から藤太に笠を投げて、静御前を見送った後に狐手で引っ込む通常の形ではなかったのが、ご馳走的な演出。藤太達が引っ込んで静御前を見送った後、ぶっ返って狐になっての引っ込み。「本当は四の切もやりたかったのだ」と云う猿之助の心情が伝わってきて、胸が熱くなった。

 

最後の第四部は、「源氏店」。幸四郎の与三郎、児太郎のお富、中車の多左衛門、彌十郎の蝙蝠の安、亀蔵の藤八と云う配役。妾宅玄関前がなく、幕が上がるといきなり多左衛門妾宅内になっている。廻り舞台の様な、大がかりで人手のいる演出を避けたのだろう。お富と藤八、およしのやり取り。中で初役だろうと思うが、児太郎が仇な雰囲気が出ていて、いいお富。大和屋と福助に教わったのだろうか、口調に大和屋の様なところもあり、福助を思わせるところもある。藤八に白粉を塗るところでは「こんなご時世ですから」と自分で塗らせて笑いを取る。

 

そして何と云っても素晴らしいのは幸四郎の与三郎。梅玉に教わったらしいが、ニンでもあり、踊りで鍛えあげた形の良さは、座っている姿を見ているだけで惚れ惚れする。ただ「いやさお富、久しぶりだなぁ」で大向こうがかからないのは、仕方ないとは云え、やはり寂しい。続く長科白は、久方ぶりの舞台のせいか多少トーンが上滑りしている感はあったものの、しっかりした抑揚で聴かせる。彌十郎の安とのやり取りもイキがピッタリで、実にいい与三郎だった。中車の多左衛門も初役だと思うが、神妙につとめていて、好感が持てた。

 

最後はお富の肩を抱いて決まるところを、手拭を絞って端を持ち合い「ソーシャルディスタンス」で幕。この時期ならではの演出で、声を出せない観客席も、笑いに包まれていた。

 

とにかくようやく幕が上がった歌舞伎座。その事実を寿ぎたい。来月は通常なら秀山祭だが、普通に九月大歌舞伎となる様だ。一幕だけとは云え、久しぶりに播磨屋も大和屋も観れる。来月も何事もなく幕が開く事を祈るばかりだ。

八月花形歌舞伎 第一部 愛之助・壱太郎の『連獅子』

ついにこの日がやって来た。コロナの蔓延による公演中止が3月から7月迄の5ケ月に及び、この間に團十郎襲名公演を始めとして、幾つもの楽しみな公演が中止の憂き目にあった。我が国は他国に比べ、比較的コロナを抑え込んではいるが、それでもこの有様である。我が国と二桁も感染者の数が違う国もあり、如何ばかりかと推察します。

 

全ての原因は、コロナ発生を半年近くも隠蔽し続けた中国共産党にある。もっと早く事実を公表し、都市封鎖(一党独裁の中国ならずくにでも出来たはず)していれば、世界中がこんな事にはならなかった。筆者は中国の歴史的文化に大いに敬意を払うものであるが、それと一切関わりのない今の中国共産党は許し難い。我が国では批判は抑制的だが、米国では激しい中国叩きが行われている。このブログと政治は関係がないので、この話題は置くとするが、改めてお亡くなりになられた方々に、哀悼の意を表したい。

 

再開された歌舞伎公演。早速初日に駆けつけた。この日は一部のみ観劇。入口ではソーシャルディスタンスを保ちながら一人一人入場。チケットのもぎりも自分で行い、検温がある。中に入ると両観音仕様の筋書きが無料配布。通常の筋書きの販売はない。イヤホンガイドの貸し出しもなかった。写真で紹介した様に、桟敷席の後ろ扉が解放されており、お土産等の販売もなし。係員はマスクを着用し、携帯の電源を切る要請などを声を出さずにプラカードを掲げて案内している。感染対策に完璧はないだろうが、出来うる限りの万全な態勢を取っている様に見受けられた。

 

幕開き前に、愛之助による口上が場内に流れる。この日を待ち侘びていた旨を述べ、帰りは一斉退場には出来ないので、すぐに席を立たず係員の指示に従て欲しいと挨拶。全身全霊で舞台を勤める決意が語られた。録音だとは思うが、満場から大きな拍手が送られた。

 

幕が開くと、舞台後方の長唄鳴り物連中全員が黒いマスクをしている。見た目がいいものではないが、これも時節柄致し方なかろう。いよいよ狂言師愛之助と壱太郎が舞台下手から登場。今まで聞いた事がない位の万雷の拍手が、いつまでも続くかと思う程長く送られる。愛之助がブログで「舞台中央に座っても拍手が鳴りやまず、涙が出そうになった」と述懐していた。愛之助の姿を観た時、筆者も堪えきれず思わず涙・・・来る前からそうなりはしないかと案じてはいたが、歳を取ると涙腺が緩くなります。

 

その後は感想云々ではない。涙で冷静に舞台が観れず、只々ひたすら二人のイキの合った舞いに酔いしれていた。高麗屋親子や澤瀉屋バージョンに比べ、力感と云うより端正な美しさに重きを置いた『連獅子』。狂言師の間は、初日故にかまだ相手を見ながらの感もあったが、獅子の精になってからの後半は、観客がグイグイ引き込まれているのが感じられ、やはり歌舞伎は生だなぁと改めて思わされた。

 

僅か一時間にも満たない舞台ではあったが、久々の生歌舞伎を堪能出来て、大満足だった。その後スタッフに体調不良の方が出て、5日の三部が中止になったりした様だが、千秋楽迄、無事に興行が行われる事を願うのみである。

 

その他の部の感想はまた別項にて綴ります。とにかく芝居の幕が開いて、本当に良かった。役者や松竹の方々を始めとした関係者各位のご努力に、心からの敬意を表します。

八月花形歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20200803084435j:plain

ついにこの日がやって来ました!ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20200803084452j:plain

一部・二部の絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20200803084507j:plain

三部・四部の絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20200803084655j:plain

桟敷後ろの扉を開けて、換気に配慮していました。幕の間は閉まっていましたが。

 

初日の一部に駆けつけました。感無量です。感想はまた別項にて綴ります。



八月花形歌舞伎実施発表さる!

先日このブログで、「今の時期に発表がないなら、八月はないだろう」と書いたのだが、急転直下実施が発表された。実に嬉しい。メンバーは納涼歌舞伎のレギュラー幸四郎猿之助中村屋兄弟、それに愛之助が加わる座組。そして一番驚いたのは、四部制の公演と云う形。

 

私の記憶では、かつて四部制と云うのは見た事がない。一部一時間程度にとどめ、完全入れ替え制にての実施だと云う。先のブログで、出演者を絞った舞踊なら可能ではないかと書いたが、やはり松竹も同じ考えだったのだろう、「連獅子」「棒しばり」「吉野山」と云う舞踊三題に、それだけではと云う事で「源氏店」を出す様だ。これも「見染め」がないので、演者は少ない。時節柄、的を得た演目選定だと思う。

 

兎にも角にも、ようやく芝居の幕が開く事が決定し、目出度さの極みである。第二波到来などと云う事態がない事を祈るのみだ。全四部、チケットが取れさえすれば全て観たい。半年待ちに待った歌舞伎が帰って来る。今からワクワク感が止まらない。コロナも、暑い夏も、花形歌舞伎の力で吹き飛ばしてくれる事を期待したい。