fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

大阪松竹座 七月大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20190712090808j:plain

大阪松竹座に行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20190712090824j:plain

昼の部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20190712090839j:plain

夜の部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20190712090852j:plain

義経千本桜』の松嶋屋ポスター。凄かった・・・

 

大阪松竹座の昼の部を観劇。壮絶な「碇知盛」でした。感想はまた別項にて。

 

公文協東コース 松竹大歌舞伎 幸四郎・白鸚の「引窓」、猿之助・幸四郎の「かさね」

公文協の巡業新小岩公演を観劇。その感想を綴る。

 

幕開きは先日の三鷹公演と同様「口上」から。舞台中央に高麗屋親子、猿之助・高麗蔵・廣太郎・錦吾が居並ぶ。白鸚が襲名に至ったいきさつを語り、「関係各位、とりわけ江戸川の皆さんのお陰」と恒例のご当地ヨイショ。満員の客席からさかんに降る「高麗屋!」の大向こうを受け、「益々芸道に精進致します」と語る幸四郎。襲名口上は何度観ても嬉しい気持ちにさせられるものだ。

 

続いて『双蝶々曲輪日記』から「引窓」。幸四郎の十次兵衛、白鸚の濡髪、高麗蔵のお早、幸雀のお幸と云う配役。幸四郎は父にも叔父からも教えを受けたと云う。ニンとして幸四郎に合っているとは思うのだが、初日故にかまだこなれていない印象だ。

 

十次兵衛は元々町人与兵衛が武士に取り立てられたもの。なので時代に張る部分と、世話に砕けるところをメリハリつけて演じなければならない。「両腰差せば南方十次兵衛」は時代に云い、「丸腰なれば今までの南与兵衛」と世話に砕けるところなどが、まだキッパリしない。筆者としては、二年程前に白鸚が演じた十次兵衛の印象がいまだ鮮烈なだけに、少々物足りなかった。

 

全体としても、アンサンブル的にしっくりこず、水っぽい印象。その中で、流石だったのは白鸚の濡髪。義太夫味に溢れ、しかも情味深い素晴らしい濡髪。十次兵衛のお縄を受けると云い張るも母に止められ、落ちる事を承諾する。その時の目を閉じて一瞬の思い入れをするその際の表情が、哀感に満ちて何ともせつなく、胸を打つ。十次兵衛で良し、濡髪でも良し。流石は当代最高の丸本役者だ。

 

多分アンサンブルとしては、巡業をこなしていく内にこなれてくるだろう。後は幸四郎がどこまで突っ込んでやれるかと云った所か。この後の評判を注目して見て行きたい。

 

打ち出しは『色彩間苅豆』、所謂「かさね」だ。猿之助のかさね、幸四郎の与右衛門。清元に延寿太夫・栄寿太夫親子が付き合う。これは素晴らしかった。筆者はこの清元の大作舞踊劇を松嶋屋播磨屋を始めとして色々観て来たが、その中でも最も見ごたえのあるものだった。

 

まず幸四郎の与右衛門が悪の色気に溢れた、これぞ本役の与右衛門。それに加えて花形の中でも踊り巧者の幸四郎、形もきっちり決まった観ていて惚れ惚れする様な役者ぶり。猿之助はくどきの部分などは真女形に比べて色気には欠けるが、その分騙されて殺される後半が圧巻。亡霊となって与右衛門を引き戻す場面でのその妄執の恐ろしさ、おどろおどろした迫力は凄みがあり、会場も息を呑んで見つめている雰囲気。連理引に翻弄される幸四郎の熱演ともども、文句のつけ様のない「かさね」だった。筆者の席の側にいた女性の二人連れが、あまり歌舞伎を観慣れていない雰囲気だったが、「面白かったね」と話していた。これをきっかけに、歌舞伎リピーターが増えるといいと思う。

 

初日でこの出来なら、この後巡業を通してどうなって行くのか想像も出来ない。加えて延寿太夫・栄寿太夫親子の清元も素晴らし出来。これから東北・北海道・北陸を中心に回る興行。未見の方には、必見と申し上げておきたい。幸四郎の丸本は未だしの感があったが、白鸚の濡髪、そして「かさね」を観るだけでも、お金を払う価値のある公演だと思う。(別に筆者はこの興行の関係者ではないが)

 

今月は歌舞伎座の昼夜、大阪松竹、国立劇場と観劇の予定。財政は破綻しそうだが、とても楽しみだ。

公文協東コース 松竹大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20190701092914j:plain

ポスターです。完売御礼の札が貼られていました。

 

f:id:fabufuji:20190701092930j:plain

舞台です。左に花道。やはり短い・・・

 

f:id:fabufuji:20190701092948j:plain

巡業トレーラーが会場に横付けされていたのをパチリ。

 

公文協東コース初日に行って来ました。お客が本当に良く入っていましたね。感想はまた別項にて。

 

六月大歌舞伎 夜の部 幸四郎・松也の『寿式三番叟』、播磨屋の「石切梶原」

夜の部の「封印切」以外の演目の感想を綴る。

 

幕開きは『寿式三番叟』。幸四郎と松也の三番叟、東蔵の翁、松江の千歳と云う配役。これが素晴らしい「三番叟」だった。松也は勿論の事、幸四郎もまだまだ若い。だから身体が良く動く。二人揃っての「揉みの段」は迫力満点。満場も息をのんで見守る感じで、歌舞伎座の舞台狭しと二人の三番叟が躍動する。

 

そして「鈴の段」のイキもぴたりと合い、非常にキレのある「三番叟」。その分五穀豊穣の祈りと云う面は希薄に映るが、今はこれでいいのだと思う。いずれ身体が今の様に動かなくなってきた時に醸し出せる味を、この先身に着けて行けばいいのだ。今回は松也が奮闘していたのでいい踊り比べになっていたし、幸四郎もそれを意識していたと思う。東蔵の翁が、その意味で正に動きと云うより肚で行く、非常に位取りの確かな翁。松江も規矩正しい千歳だった。

 

続いて『女車引』。魁春の千代、雀右衛門の春、児太郎の八重と云う組み合わせ。「車引」のパロディと云うか、女形バージョン。これも三人それぞれのニンに合い、観ていて気持ちの良い舞踊。ベテラン二人に挟まれての児太郎の健闘が印象的。三人揃ってのいい手踊りになっていた。

 

続いて『梶原平三誉石切』。播磨屋の梶原、又五郎の大庭、歌昇の俣野、歌六の六郎太夫、米吉の梢、吉之丞の呑助と云う配役。去年の御園座でも観た狂言。俣野だった又五郎が大庭に回り、梢が雀右衛門から米吉に替わっている。しかし全体の印象には大差はない。

 

去年もそうだったが、播磨屋は捌き役と云う事を強く意識している梶原。終始甲の声を使って、非常にご機嫌な印象。その分義太夫狂言としての重々しさはないが、それは勿論分かった上での事だろう。播磨屋にとっての梶原は、徹頭徹尾颯爽とした捌き役なのだ。大庭や俣野と六郎太夫の長いやり取りを舞台中央にいて肚で受ける。大きな動きがある訳でもなく、少し首を動かす程度なのだが、この受ける芝居は生半な年季で出せるものではないだろう。流石は播磨屋だ。

 

刀の目利きをする場での、懐紙を咥えて刀を見る形の素晴らしさ、「二つ胴」や「石切り」の豪宕無比の力感、いずれも見事。自ら源氏に心を寄せる者だと明かし、刀は自分が買い入れる事を約束して、花道を颯爽と引っ込む。正に華も身もある千両役者と云った感。義太夫狂言好きの筆者としては、高麗屋の様な義太夫味のある方が好みではあるが、これはこれで播磨屋の見識に基づいた、立派な梶原だったと思う。

 

脇では歌六の六郎太夫が鉄板。完全にこの優の持ち役だ。一方米吉の梢は可憐過ぎて、生娘に見える。梢の人妻としての感じを出せる様になる迄には、まだ暫くかかるだろう。又五郎歌昇の親子は手強い出来。又五郎は当然の事とは云え、播磨屋を向こうに回しての歌昇は大健闘。この優の前途は正に洋々としている。このまま精進して行って貰いたい。

 

松嶋屋の「封印切」もあり、歌舞伎を満喫出来た昼の部だったが、入りは夜の部に比べやや寂しい感じだった。やはり古典より新作が今風なのだろうか。筆者としてはやや複雑な思いの六月大歌舞伎だった。

六月大歌舞伎 昼の部 松嶋屋の「封印切」

歌舞伎座昼の部を観劇。まず圧倒的だった松嶋屋の『恋飛脚大和往来』の感想を綴る。

 

去年の11月に南座でも観た狂言。正直またですかと思っていたのだが、大間違い。とんでもない「封印切」だった。松嶋屋の十八番と云う印象のある忠兵衛なのだが、去年の公演が何と18年ぶりだった。南座でも勿論素晴らしかったのだが、今回はもう一つ彫が深くなった印象だ。

 

松嶋屋の忠兵衛に孝太郎の梅川、秀太郎のおえん、彌十郎の治右衛門、愛之助の八右衛門と云う配役。南座とは治右衛門と八右衛門が替わっているが、他の三人は同じ。だからする事に大きな違いはない。しかし言葉で説明し辛いが、確実に芝居が深まっている。

 

忠兵衛が花道を出てきたところ、これぞ和事の色男と云った雰囲気で、和か味と色気に溢れている。梅川に逢おうか逢うまいか逡巡するところも実に可愛げがあり、ここだけでいい忠兵衛だと知れる。舞台に廻って井筒屋に入る。忠兵衛の姿を見た梅川が「忠さぁ~ん」と甘えた様な、それでいて切なげな声をあげる。ここの孝太郎も実に上手い。おえんと忠兵衛のやり取りの中で、秀太郎が「風邪で声が出ませんのや」とアドリブを入れる。本当に声がかすれ気味だった。もう八十歳近い秀太郎、健康には充分留意して貰いたい。

 

裏木戸の場のだんまりも絶妙。忠兵衛が闇夜の中下手から手探りで出てきて、店の柱につかまったその形、その佇まい、本当に75歳の老人なのかと目を疑わんばかり。三人のだんまりも、いかにも上方の芝居と云った雰囲気で、とにかくそのじゃらっとした和事味がたまらない。この場をここまで面白く見れたのは、初めてだ。若い二人の恋を取り持つ秀太郎の年功も光る。

 

第三場「元の井筒屋店先」。いよいよクライマックス。愛之助の八右衛門が忠兵衛を苛めぬく。筋書きで松嶋屋が「封印を切るまで、盛り上がるか盛り上がらないかは八右衛門次第」と愛弟子に強烈なプレッシャーをかけていた。厳しい師匠だ。しかし松嶋屋型は初めてと云う愛之助、しっかり手強さを見せていて非常にいい場になっている。この八右衛門の悪が効いているので、この後の封印切の松嶋屋の芝居がぐっと引き立つ。勿論相手が松嶋屋である。芸格と云う意味では揃ってはいない。だが決して負けてはおらず、手一杯の出来だったと思う。これなら師匠も合格点を出したのではないか。そしてその悪態に耐え切れず、遂に封印を切ってしまう忠兵衛。ここの松嶋屋の芝居が実に切なく、その心情がこちらの胸にも堪らなく迫ってくる。封印を切った金をじゃらじゃらと取り落とす時の無念の表情を見ていると、こちらまで忠兵衛の心持ちになってしまう。いや~本当に凄い芸だ。

 

身請けが決まったと喜ぶ周囲をよそに、公金に手をつけた以上死を覚悟する忠兵衛と梅川が、二人で死出の旅路に出るべく花道を入って幕。本当に切ないくいい狂言になった。脇では、彌十郎の治右衛門が、上方芝居の総本家松嶋屋兄弟に挟まれながら、大旦那の格と思いやりをしっかり出していて見事。上方役者の中に一人東京の役者が入って心細かったのでは(笑)と推察するが、流石の腕を見せてくれた。

 

歌舞伎座では平成元年以来と云う松嶋屋の忠兵衛。もうこちらでは観れないかもしれない。しかし本当に素晴らしい芝居だった。松嶋屋兄弟には、いつまでも壮健で、これからも磨き抜かれた芸を見せ続けて欲しいと心から願う次第。

 

長くなったので、昼の部の他の狂言については、また別項にて。

六月大歌舞伎 夜の部 三谷かぶき『月光露針路日本』

六月大歌舞伎夜の部を観劇。その感想を綴る。

 

みなもと太郎の漫画原作。筆者は未読だが、40年も連載が続いている超大作との事。まず冒頭に云っておきたいのは、この芝居は筆者的な価値観としては歌舞伎ではないと云う事だ。亡き勘三郎が「何でも歌舞伎だよ」と云っていたが、その考えには私は同調出来ない。勘三郎の趣意は俺が演じれば何でも歌舞伎になると云う自負だったのだと思う。それは勘三郎ならそうだったかもしれないが、この芝居は筆者的には歌舞伎ではない。その前提に立って観れば、芝居としては大いに楽しめた。だからこの「歌舞伎ではない」と云うのはネガティブな意味ではないつもりだ。

 

幕開きに松也が一人眼鏡にスーツ姿で花道を出て来る。まずこれに度肝を抜かれた。松也自身も、スーツで花道を歩いたのは初めてだったろう。女性の観客を巻き込んだ即興でのやり取りで、会場を沸かす。見事な掴みだ。当時の船は家康の命により、マストは一本と決められていた等々、物語の背景を簡潔に、しかし説明風にはならず、さらりと語る。素晴らしいオープニングだ。

 

そして「神昌丸漂流の場」。伊勢を出帆した、幸四郎の光太夫を船長とする神昌丸が遭難している。舞台上のやり取りで船夫のキャラクターを次々提示していくその手法は、舞台劇の王道で三谷の手腕が光る。中でも他の船乗りから超越した、強烈なキャラクターの男女蔵の存在が印象的。そしてここから長いロシアへの漂流生活になるのだが、その間に次々と仲間が倒れていく。

 

アムチトカ島→カムチャッカ→オホーツク→ヤクーツクと続く長い漂流を、幸四郎猿之助愛之助の花形が見事なアンサンブルで繋いでいく。染五郎もしっかり者の磯吉を好演、非常に好感が持てた。ただこの漂流の描写は少々長い。再演時にはもう少し整理した方がいいだろう。イルクーツクに向かう場で、大勢の犬が登場。しかも役者の顔出し。ここは壮観だった。

 

露西亜イルクーツク太夫屋敷の場」ではロシア娘マリアンナ役の新悟の怪演が光る。そして満場の拍手に迎えられ、ロシア人キリル・ラックスマン役の八嶋智人が登場。舞台自体が歌舞伎調ではないので、違和感なくスッと芝居に入っている。そして女帝エカテリーナに直接日本への帰国を願い出る事を幸四郎に勧め、二人はサンクトペテルブルグに向かう。

 

続く「露西亜サンクトペテルブルグ謁見の場」。ここでは話しの筋とは無関係だが、秘書官役の寿猿と女官役の竹三郎が、出の時間は短いが手を取り合ってダンスをするシーンがある。二人合わせて175歳と云う素晴らしいダンス。ここのところ休演続きで体調が心配されていた竹三郎の元気な姿が観れて嬉しかった。そしてクライマックスの謁見の場では、ポチョムキン公爵役の白鸚の存在感が圧巻。このポチョムキンは、原作には出てこない人物だと云う。三谷による、白鸚への完全なアテ書きだ。サリエーリを思わせる風貌で、こう云う役どころをさせれば、当代白鸚の右に出る役者はいない。帰国に拘る幸四郎の光太夫と、それを阻止したい白鸚ポチョムキン公爵の緊迫したやり取りは『勧進帳』を思わせ、見ごたえのある場となっている。エカテリーナ役の猿之助も、芝居巧者なところを見せてくれた。

 

晴れて帰国が許された一行だが、猿之助は足を怪我して長旅には耐えられそうもなく、ロシアに留まる事を決断。一人残す訳には行かないと愛之助ロシア正教に改宗して帰国を断念する。結局日本にたどり着けたのは、幸四郎の光太夫染五郎の磯吉・男女蔵の小市の三人のみ。しかしいよいよ日本の港に着くと云うところで小市が力尽きる。終始まわりから超然としていて、茫洋としたとらえどころのないキャラクターながら、最も環境や周囲に影響されない存在であった小市の死に、光太夫は慟哭する。この場では会場からすすり泣きも聞こえた。

 

最後は死んでいった船乗り達も舞台に勢揃いして幕。歌舞伎座では「禁じ手」のカーテンコールもあり、満場万雷の拍手で大いに盛り上がった夜の部だった。芝居としては流石三谷幸喜、良く書けている。途中何とも奇天烈な竹本も入り、スッポンを使った演出もありと、歌舞伎の機構を三谷が使いたくて仕方がなかったと云う感。竹本を批判している評もあったが、これは三谷の歌舞伎への憧憬だろうと思う。筆者には何とも微笑ましかった。

 

最初に書いた様に、筆者的にはこれは歌舞伎ではない。しかし舞台劇としては非常に楽しめた。多少冗長な部分を整理して、再演を期待したい。涙あり、笑いありの三谷ワールド、堪能させて頂きました。

六月大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20190617092056j:plain

六月大歌舞伎に行って来ました。

 

f:id:fabufuji:20190617092111j:plain

夜の部ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20190617092126j:plain

昼の部の絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20190617092154j:plain

夜の部の絵看板ならぬ写真看板です。

 

三谷歌舞伎、超満員でしたね。感想はまた別項にて。