fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』(写真)

f:id:fabufuji:20191203075152j:plain

東劇に行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20191203075210j:plain

舞台写真です。光ってしまった・・・

 

f:id:fabufuji:20191203075225j:plain

次回上映はこちら。これもそそる。

 

シネマ歌舞伎を久々に観て来ました。前半は舞台をそのまま撮影している感じでしたが、後半の殺しの場面は、この映画用に独自に撮影した映像を編集して入れてあり、大スクリーンならではの凄い迫力でした。大阪松竹で観た実際の舞台も素晴らしかったですが、この映画も、映画として堪能しました。お薦めです。

 

明治座 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(写真)

f:id:fabufuji:20191128081025j:plain

明治座に行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20191128081038j:plain

歌舞伎座では考えられない、不思議な幕がかかっていました。

 

f:id:fabufuji:20191128081052j:plain

大地真央グッズが絶賛発売中でした。

 

ミュージカル仕立てで、今までの「ふるあめりか」とは一風変わった芝居でした。宝塚出身の大地真央なので、そうなったのでしょう。ただ原作の持っている女郎の哀しみみたいなものは、希薄でしたね。その分明るく華やかな舞台でした。

 

吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 幸四郎の『研辰の討たれ』、音羽屋の『梅雨小袖昔八丈』

十一月歌舞伎座昼の部を観劇。その感想を綴る。

 

幕開きは『研辰の討たれ』。木村錦花作の新歌舞伎だ。大正デモクラシーの世相を反映してか、仇討と云う武士道最高の美徳を、シニカルな視点で描いている。幸四郎の研辰、彦三郎の九市郎、亀蔵の才次郎、高麗蔵の粟津の奥方、友右衛門の市郎右衛門、橘太郎の清兵衛、鴈治郎の良観と云う配役。劇団系と高麗屋系を合わせた座組で、非常に新鮮。これが面白かった。

 

今や「研辰」と云えば、亡き勘三郎が演じた「野田版」の方が有名だろう。それくらい鮮烈な「研辰」だった。今回幸四郎はその「野田版」を意識して演じているのは間違いないだろう。ただ二人は役者としてのニンが違う。よって自ずからその肌触りは変わってくる。今回は「野田版」ではないのだから、両者の比較は置くとして、非常にいい「研辰」だった。

 

勘三郎とは違った愛嬌が自然に溢れる幸四郎。ハイトーンの調子も役に合い、二度目らしいが、幸四郎としての研辰をしっかり造形している。特に三幕目「善通寺大師堂裏手の場」では、アドリブも連発。才次郎を演じた亀蔵が「毎日毎日色んな事を考えつくな」、「自由過ぎるぞ」と閉口(?)するくらいの暴れぶり。客席も大いに沸いていて、いい意味で「研辰」の世界に遊んでおり、オリジナルな幸四郎らしい守山辰次になっていた。

 

仇を討つ兄弟を演じた彦三郎と亀蔵もいい。この二人が仇討とは何なのかを自問自答する場面は、木村錦花がこの芝居で最も書きたかったところだろう。「父を討たれた事より、我ら二人にこんな苦労をさせる辰次が憎い」と心情を吐露する九市郎に、弟才次郎が「仇を討たねば国にも帰れない。しかし仇を討てば、立身出世も出来る」と本音を漏らす。時代物の狂言には絶対にない科白だ。ここがこの狂言のテーマだろう。そう云い乍らも、最後は辰次を討つ兄弟。所詮は武家社会の慣習からは逃れられない二人のさだめと、一度助かったと思ったところに討たれてしまう辰次の皮肉な運命をラストで見せる。正に当代の「研辰」とも云うべきいい芝居だった。

 

余談だが、最近姿を観なくて密かに心配していた友右衛門が、少し痩せたかな?とは思ったが、元気なところを見せてくれた。家老の重しが効いた、いい市郎右衛門で一安心。今後も狂言を脇で締めるいい芝居を見せて欲しい。

 

続いて舞踊『関三奴』。三奴と云い乍ら、今回は芝翫松緑の二人踊り。これも良かった。練り上げた規矩正しい技巧と、すっきりした形の良さで魅せる松緑と、大柄な体格を生かした大きさと、大家の風格を身につけ始めた風情で魅せる芝翫。イキも合い、実にいい踊りだった。次は幸四郎も入れて三奴の踊り比べが観たいものだ。

 

打ち出しはお待ちかね、『梅雨小袖昔八丈』。云わずと知れた音羽屋家の芸。音羽屋の新三、女房役者時蔵を忠七に回し、團蔵の源七、権十郎の勝奴、梅枝のお熊、橘太郎の新吉、萬次郎のおかく、魁春のお常、左團次の長兵衛と云う劇団総出演の配役。全てが本役で、勿論悪かろうはずもない。ただ期待が大きすぎたか、劇団の出し物としては、「め組」程の感動は得られなかった。

 

音羽屋の新三は、凄んではいても大家には頭が上がらない小悪党らしさと、世話物狂言の粋な姿を見せてくれる。例の「傘づくし」の長科白は、敢えてだろう謡い調子と云うよりも、科白として聴かせると云った風情。黙阿弥を知り尽くした音羽屋、謡おうと思えばもっと謡い調子に出来るはずだが、これは考えあっての事だろう。しかし筆者としては、少しさらりとし過ぎていた印象。個人的な好みとしては、白鸚の新三の様な、謡い調子の方が好きだ。

 

その意味で、團蔵の源七も少し淡彩な印象。勿論悪い訳ではない。イキが合い過ぎてサラサラ進み過ぎてしまったか。中では、左團次の長兵衛が手強い出来で、軽さに流れる芝居のストッパーになっていた。時蔵の忠七、権十郎は勝奴は手堅い出来。その他脇では橘太郎の新吉がこれぞ江戸の粋。短い出番乍ら、しっかり印象を残す素晴らしい新吉だった。

 

どこが悪いと云って、悪いところもない。しかし心にぐっとこない。サラサラ喰えて、腹にたまらないお茶漬けの様な、不思議な「新三」だった。

 

来月は何と云っても国立で白鸚の「盛綱」。今から楽しみでならない。

吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 莟玉襲名の「菊畑」、高麗屋親子の『連獅子』、時蔵・鴈治郎の『市松小僧の女』

十一月歌舞伎座夜の部を観劇。その感想を綴る。

 

幕開きは「菊畑」。梅丸改め莟玉の襲名狂言だ。莟玉の虎蔵、梅玉の智恵内、芝翫の鬼一法眼、鴈治郎の湛海、魁春の皆鶴姫と云う配役。東西の成駒屋系が揃って莟玉の襲名を寿ぐ。いい狂言だ。梅丸改め莟玉は梅玉の養子となって高砂屋の後継者となった。美貌の若女形だが、今回は前髪若衆に挑んだ。

 

何と云っても素晴らしかったのは、梅玉の智恵内だ。25年ぶりの様だが、やはり名人には関係なかった。その糸に乗った所作、若々しい身のこなし。いかにも義太夫狂言の奴らしい味わいがあり、比べて申し訳ないが、去年観劇した松緑より数段上回る見事な智恵内。古希を過ぎている梅玉だが、いつまでもこう云う若々しい役が似合う。後継者も出来て、益々意気盛んと云ったところか。今後もその素晴らしい芸を見せて欲しいものだ。

 

芝翫鴈治郎も見ごたえがある。ことに芝翫義太夫味もあり、芸容の大きさも身に着け始めている。「熊野育ちとあるからは」の義太夫とシンクロする科白回しには、聞き惚れるばかりだ。鴈治郎の湛海も手強い出来。小柄な鴈治郎がこう云う悪役を演じると、寸が伸びた様に大きく見える。これが芸の力だろう。

 

魁春の皆鶴姫は、流石に莟玉の虎蔵に想いを寄せる姫君と云う役は、釣り合いが取れないが、その所作は糸に乗り、見事な義太夫狂言の姫様になっている。ここいらも練り上げられた芸だろう。莟玉の虎蔵は生来の美貌を生かして、美しい若衆ぶりだが、本来が女形の人なので、所作が柔らかすぎる。源家の若大将なのだから、前髪とは云ってももう少しキッパリとした所が欲しい。養父梅玉が十八番にしている役なので、その芸を受け継いで行って欲しいものだ。狂言半ばに出演役者揃っての襲名ご披露があり、盛大な拍手を浴びていた莟玉の今後に期待したい。

 

続いて『連獅子』。幸四郎の右近、染五郎の左近、萬太郎の蓮念、亀鶴の遍念と云う配役。これが一番のお目当てだったが、期待に違わず素晴らしい出来。この親子の『連獅子』は去年南座の襲名でも観たが、染五郎の踊りがその時よりも一層良くなっている。とにかく身体が動くし、指先までピンと神経が行き届いて、非常に凛々しい。そしてその生来の気品は、比べる者はない。親父さんとのイキもぴったりで、ここまで見事に揃った『連獅子』は、観た事がないくらいだ。

 

幸四郎の右近は、勘三郎亡き後はもう天下一品だろう。今更私が何か云う事もない。美しくも力感に溢れ、大きさも加わり正に当代の右近。勇壮無比の毛ぶりが終って客席が明るくなった後も、暫くどよめきがやまなかった。圧倒的な『連獅子』だった。間狂言の萬太郎と亀鶴も軽妙で、客席大いに沸いていた。ご見物衆も大満足の出来だったろうと思う。

 

打ち出しは『市松小僧の女』。時蔵の千代、鴈治郎の又吉、芝翫の与五郎、團蔵の重右衛門、齊入の伊兵衛、秀太郎のおかねと云う配役。池波正太郎原作の世話物だが、筆者は初めて観た。初演以来42年ぶりの再演と云うから、そりゃ観た事がないのは当然。しかしこれがまた中々の佳品だった。

 

劇団の立女形時蔵を始めとして、齊入・團蔵秀太郎と手練れが揃って、見事な世話の味を出している。男勝りな時蔵の千代と掏摸の腕はあるが、力はからっきしな鴈治郎の又吉との組み合わせがニンに合い、実にいい。義妹に遠慮して実家を出て又吉と夫婦になる千代。その心情を理解して、何くれとなく気に掛ける番頭の伊兵衛。そして娘に厳しく接しながらも親の真情が滲む重右衛門。中でも光ったのは、道場の妹弟子である千代の為に、同心としてお縄にしなければならない又吉を許す与五郎を、軽くさりげない芝居で魅せた芝翫。心に沁みるいい世話狂言だった。実は『連獅子』が終った後に、満足したのか帰路につくお客もいたのだが、これを観なかった人は、大分損をしたと思う。こう云う滋味溢れる芝居をもっと観たいものだ。

 

義太夫狂言あり、舞踊の大作あり、世話物ありのいい狂言立てだった夜の部。今月はこの後昼の部も観劇予定。その感想はまた別項にて綴る事にする。

吉例顔見世大歌舞伎(写真)

f:id:fabufuji:20191115080022j:plain

吉例顔見世大歌舞伎、行って来ました。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20191115080036j:plain

昼の部絵看板です。

 

f:id:fabufuji:20191115080050j:plain

同じく夜の部。

 

f:id:fabufuji:20191115080105j:plain

梅丸君の莟玉襲名のご披露がありました。まずはめでたい。

 

まだ夜の部しか観ていませんが、とてもいい舞台でした。感想はまた別項にて。

 

 

スーパー歌舞伎II 新版 オグリ(写真)

f:id:fabufuji:20191114065239j:plain

新橋演舞場で「オグリ」を観劇。ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20191114065252j:plain

開演前の舞台に小栗判官と照手姫の人形が。

 

f:id:fabufuji:20191114065309j:plain

こちらも観劇したかったのですが、チケット入手出来ず・・・

 

あえて隼人バージョンを観劇。小栗判官のニンには、絶対に隼人の方が合うと思ったからです。期待に違わぬ大奮闘でした。新悟の照手姫も素晴らしい出来で、現代青年にとっては、古典よりこう云う芝居の方がやりやすいのかと、ちょっと複雑でした。スーパー歌舞伎は専門外なので劇評は載せませんが、やはり歌舞伎では断じてありません。筆者的には。しかしとても楽しめた芝居でした。

 

国立劇場『嬢景清八嶋日記』 播磨屋の景清

国立劇場の令和初の播磨屋の芝居を観劇。その感想を綴る。

 

十四年ぶりと云う播磨屋の景清。歌六が頼朝と花菱屋長の二役、東蔵のおくま、雀右衛門の糸滝、錦之助の重忠、又五郎の左治太夫 、米吉の玉衣姫、歌昇の四郎国時 と云うベテランと若手を組み合わせた座組。素晴らしい舞台を期待したのだが、初日故の粗さが目立ち、残念な出来となってしまった。

 

失望のあまりあまり細かく書く気がしないのだが、幹部役者の大半がまだ科白が入っていない 。歌六の科白は恐る恐るだし、東蔵に至っては三幕目「手越宿花菱屋の場」で科白につまり、先に進まなくなってしまう有様。観ているこちらがはらはらさせられた。

 

何より主役の播磨屋が、科白を思い出し思い出ししながら云っているかの様。科白の継ぎ目にやたら「ん~」と云う言葉が入ってしまい、これでは役に気持ちが入っていくはずもない。立ち回りも力感がなく、段取り確認をしている様に感じられた。いくら初日とは云え、これでは・・・今までも初日に観劇した事は度々あるが、ここまでのものはなかったかと思う。

 

幹部役者の中では、雀右衛門又五郎が孤軍奮闘していたが、それとても焼け石に水の感。明治以来となる二幕目「南都東大寺大仏供養の場」の上演もあり、幕切れも景清と糸滝が一緒に船に乗りパッピーエンドと改訂するなど、意欲的な公演だったのだが、それがかえって仇になったか・・・非常に残念だった。

 

一方若手は当然の事ながら科白が怪しいと云う事もなく、幹部役者の胸を借りようとばかり元気一杯。特に序幕「鎌倉大倉御所の場」での米吉の玉衣姫は、討ち死にした許婚の平知章の手紙を見たいと義兄の頼朝に嘆願するところ、哀しみと死の覚悟が合わさってここでは場内からすすり泣きも聞こえた。歌昇の四郎国時も手強出来で、最近のこの優の充実ぶりを示してくれていた。

 

そして今回の舞台で筆者が最も感動したのは、四幕目「日向嶋浜辺の場」を語った葵太夫の竹本。本当に当代、これほどの義太夫語りは文楽界にも数はいない。人間国宝にも指定され、正にまことの花を存分に聴かせてくれる天下一品の竹本だった。しかし歌舞伎を観に行って、竹本が一番良かったと云うのも・・・

 

出来ればこの後もう一度観劇して感想を綴りたかったのだが、今月はその暇がなさそうなので、致し方ない。久方ぶりの狂言での初日観劇は控えようと思わされた今月の国立だった。