fabufujiのブログ

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

七月大歌舞伎 大阪松竹 幸四郎の『女殺油地獄』

続いて夜の部『女殺油地獄』の感想を綴る。

 

松嶋屋の監修による「油地獄」。これがまた素晴らしかった。松嶋屋のやり方をなぞっているが、幸四郎の与兵衛としてきっちり練り上げられている。ニンとしても幸四郎に合っており、松嶋屋がさよなら公演で一世一代と銘打って演じ納めてしまった今となっては、今後間違いなく幸四郎の当たり役になるだろう。

 

序幕の「徳庵茶店の場」はいかにもじゃらじゃらしたお店のボンボンの風情が出ており、押し出しが立派な松嶋屋よりも自然だ。年齢的な物も大きいとは思うが、役が手に入っている。猿之助のお吉も世話女房の雰囲気を漂わせていいお吉。

 

続いて「河内屋内の場」は歌六と竹三郎の夫婦が流石に上手い。ただ竹三郎はやや科白に明瞭さを欠いている。年齢的に厳しいのだろう。ここでも幸四郎が見てて呆れるばかりの見事な放蕩息子ぶりで、店を叩き出される。見送る歌六と竹三郎の姿がまたいい。

 

最後の「豊嶋屋油店の場」がやはりクライマックス。鴈治郎の七左衛門が売り上げをお吉に預けて、夜分だからと止めるのも聞かず掛け取りに出てしまう。結末を知って観ている身としては、とてもせつない。

 

松之助の小兵衛に、明朝迄に金を返す様に迫られる与兵衛。そして徳兵衛とおさわが油屋を訪ねて来る。ここでの歌六と竹三郎が親の情愛に溢れまた素晴らしい。それを受ける猿之助の、親の情にうたれる芝居もまた見事。ただやはり竹三郎は足が悪いのだろう、正座が辛そうだった。

 

そして与兵衛がお吉に金をせびる。拒絶されると真人間になるからと云うが、相手にされないと見るや色仕掛けで口説く。ここの幸四郎がまた素晴らしい。今まで考えた事がなかったのだが、真人間になる→色仕掛けと云う順序が、将棋で云うところの所謂手順前後だったのだ。この手順前後がこの後の殺しに繋がっている。色仕掛けを手強く拒絶された後に反省して真人間になると云うのなら、お吉にとってまだしも説得力があったはずなのだ。真人間になると云った舌の根も乾かぬうちに口説かれても、何の信憑性もない。お吉が相手にする気になれないのは当たり前だ。観ていて痛恨の思いにかられた迫真の場面だった。

 

最後の殺しの場面も迫力があり、思わず息をのむ素晴らしさ。松嶋屋ほどの狂気は薄いが、幸四郎なりの手一杯の芝居で、猿之助も手の負傷を感じさせない動きを見せてくれる。油に滑りながらの殺しは、もどかしい与兵衛の人生を象徴的に表しているかの様。その与兵衛に殺されるお吉の哀れさも一入感じさせ、胸が締めつけられる様な見事な芝居になった。

 

松嶋屋の与兵衛が観られないのは残念だが、代わりにこの幸四郎がいる!と云わんばかりの見事な『油地獄』だった。この襲名を通じて、層の厚い花形世代の中でも、幸四郎がはっきりトップランナーに立ったと、改めて感じさせられた素晴らしい狂言だった。

 

八月の納涼歌舞伎、九月の秀山祭が、今から楽しみだ。

 

 ∗ 追記。今月の「演劇界」の表紙がこの『油地獄』の写真だった。「演劇界」は毎月読んでいるが、歌舞伎座公演以外の興行の写真が表紙に載る事は、あまりなかったと思う。その意味でも、この芝居の評判がかなり良かったのではないかと思われる。

七月大歌舞伎 大阪松竹 幸四郎の弁慶

昼の部『勧進帳』の感想を綴る。

 

今年の一月歌舞伎座から始まった高麗屋襲名披露だが、名古屋・博多・大阪と追っかけの様について回っている。その過程で確かに感じたのは、新幸四郎の進境の著しさである。先月の『伊達の十役』も素晴らしかったが、今回は一月に観た同じ『勧進帳』だったので、その芸境の高まりがはっきりと見てとれた。

 

まずその花道の出からして大きさと重厚感があり、一目で一月とは違うと思わされる。一月は「ニンでない役を頑張っているな」と云う感じだったのが、今回は弁慶が肚に入っているのだ。この優の課題と思っていた声も、呂の声が良く通り申し分ない。

 

舞台に回って勧進帳の読み上げも重厚感のあるいい調子ながら、勢いに任せて読み飛ばす様な事はなく、一語一語がはっきり分かる。続く松嶋屋の富樫との山伏問答がまた素晴らしい。テンポを多少落としてのやり取りが迫力に満ち、今まで筆者が観た『勧進帳』の中でも、最もリアルで臨場感に溢れていた。ただ科白のやり取りではない、真実がそこにあると云う感じなのだ。

 

義経打擲の場面では、白鸚と違い、思い入れはせずパッと打つ。「父の勧進帳を引き継ぐ」と云っていた幸四郎だが、ここは考えがあっての事だろう。インタビューで、毎日松嶋屋から指導を仰いだと云っていたので、先の問答のテンポと云い、松嶋屋からのサゼスチョンがあったと見ていいだろう。ただ父のやり方をなぞるのではなく、他の先輩の良い所を取り入れるのは、自らの芸を深化させる為に良い事だと思う。

 

「判官御手を」は孝太郎の義経が淡彩だった事もあり今一つだったが、「不動」や「石投げ」の見得も非常に立派で、力感漲っていた。番卒とのチャリ場をへて延年の舞。これがまた素晴らしい。元々踊りが上手い優だが、今回はまた一段と良いのだ。とにかくキレッキレッの「延年」。ここまで出来るのなら、「滝流し」も観たいと思ってしまったのは贅沢か。

 

幕外になり、義経一行を見送った後の一礼に富樫と神仏に対する感謝が込められ、そして最後の飛び六法。きっちりしていながら、迫力満点。そこに白塗り役者幸四郎の面影は微塵もない。満場万雷の拍手だった。

 

一月から僅か半年でここまでの弁慶をモノするとは・・・幸四郎の芸は途轍もない勢いで深化している。それは殆ど感動的と云っていい。劇作家であり、批評家でもあった大西信行氏(歌舞伎では『怪談牡丹灯籠』の監修でも知られている)が、五代目柳家小さん襲名直前の小三治の芸を「ひと月ごとに上手くなるのがはっきり判った。第四コーナーを回った馬がぐんぐん追い上げて来るあの感じ。他の馬は止まっているかの如くだった。」と評していたが、今の幸四郎が正にその通りなのではないかと思う。

 

松嶋屋の富樫も、舞台中央には出ない古格な富樫で幸四郎とのイキもぴったり合い、実にいい富樫。白鸚吉右衛門よりも、幸四郎の弁慶にマッチしていた。孝太郎の義経が若干弱かったが、花道で四天王がいざいざ関所をと立ち上がった時に、錦吾の常陸坊が立ち上がって大手を広げ制するなど、白鸚とは違う工夫も随所に見え、70分があっと云う間だった。幸四郎としての正に新境地を開いたとも云える弁慶を、たっぷり堪能させて貰えた素晴らしい『勧進帳』だった。

 

長くなったので、夜の部『女殺油地獄』はまた別項で。

 

 

七月大歌舞伎 大阪松竹 白鸚と仁左衛門の名人芸 

大阪松竹での高麗屋襲名を昼夜観劇。とにかく幸四郎が素晴らしかったので、まずそれ以外の狂言の感想を綴る。

 

『廓三番叟』で幕開き。襲名に相応しい華やかな舞踊で、舞台を盛り上げる。孝太郎が先輩の貫禄十分な千歳太夫。壱太郎もここにきてメキメキ腕を上げている印象。いい幕開き舞踊だった。

 

続いて『車引』。これがまた素晴らしく、鴈治郎の力感たっぷりの梅王丸、扇雀のすっきりした桜丸、そして又五郎の松王丸がいかにも歌舞伎の荒事らしく、三人粒ぞろいの『車引』。元々長身の彌十郎が牛車に乗って立ち上がると、本当に大きい。迫力満点のいい舞台になった。

 

続いてお目当ての『河内山』。白鸚には数々の当たり役があるが、中でも河内山宗俊はその上位に位置するのではないか。その大きさ、その愛嬌、そして色気すらも漂い、しかも凄みがある素晴らしい河内山。

 

そして何と云っても「玄関先」で正体を見顕わされての啖呵が、胸のすく様な素晴らしさ。黙阿弥調に乗って天下一品の名調子を聴かせてくれた。「日は短っけぇんだぜ、早くしねぇな」の科白が今でも耳に残っている。

 

脇では彌十郎の高木小左衛門がいかにも大藩の家老らしい大きさがあり、「玄関先」で北村大膳を制するところも貫禄たっぷりで、いい小左衛門だった。

 

それにしても白鸚と云う役者は本当に凄い役者だとつくづく思う。襲名のインタビューで、白鸚になる事をサッカーのロスタイム突入に例えていたが、とんでもない。その芸は増々円熟し、この後どこまで上り詰めるのだろうとこれからも愈々楽しみになる。

 

続いて夜の部『御浜御殿綱豊卿』。松嶋屋の十八番中の十八番。勿論素晴らしい。今回は富森助右衛門が中車。綱豊卿と助右衛門の年齢的な釣り合いと云う意味では、松嶋屋と中車くらいが丁度いいのではないか。本来なら助右衛門はもう少し若い役者の方が合うのだろうが、中車が若々しい作りで一途な助右衛門を好演。『元禄忠臣蔵 』はこの優に向いているのかもしれない。『最後の大評定』の井関徳兵衛何かが観てみたいと思った。

 

松嶋屋の綱豊卿はもう天下無敵。最後の「望月」の後ジテの装束を着て助右衛門を叱責する科白は、何度聴いても素晴らしい。先月の『俊寛』と云い、松嶋屋の芸の充実ぶりをまざまざと見せつけられました。

 

白鸚仁左衛門。本当に現代の奇跡とも云いたくなるくらいの役者ぶり。とにかく健康に留意して、一日でも長くその至芸で我々を楽しませて貰いたい。平均寿命も伸びている現代では、七十代はまだまだ若い(笑)

 

幸四郎の襲名狂言勧進帳』と『女殺油地獄』はまた別項で綴る。

七月大歌舞伎 大阪松竹 写真その2

f:id:fabufuji:20180724101832j:plain

大阪松竹入り口正面にビュッフェの『暫』が。

f:id:fabufuji:20180724101841j:plain

高麗屋三代の隈取とサインも。

f:id:fabufuji:20180724101849j:plain

襲名記念写真展。若い時の白鸚、当たり前だけどめちゃイケメンですね。

f:id:fabufuji:20180724101858j:plain

勧進帳』のポスター。いや~いい弁慶でした。

 

昼夜通しで観劇。感想はまた別項で。

七月大歌舞伎 大阪松竹 写真

 

f:id:fabufuji:20180720101859j:plain

大阪松竹の高麗屋襲名公演を観て来ました。しかし暑かった・・・

 

f:id:fabufuji:20180720101845j:plain

ポスターです。

 

f:id:fabufuji:20180720101758j:plain

山崎パンからの祝い幕。

 

f:id:fabufuji:20180720101616j:plain

河内山。いや~カッコよかった。

松竹大歌舞伎 東コース

公文協巡業東コースの初日を観劇。その感想を綴る。

 

まず『近江のお兼』。成田屋の変化舞踊で、六代目も手掛けた踊りに梅枝が初役で挑む。先にお父つぁんの時蔵も『女伊達』を歌舞伎座で踊ったが、同趣向の作品。梅枝は先に書いたが、若手女形ではNO.1だと個人的には思っている。愛嬌もあり、女伊達らしくすっきりしていていいお兼。芝居だけでなく、こう云う舞踊もどんどん踊りこんで行って欲しい。

 

続いて『御所五郎蔵』。江戸川区総合文化センターと云う会場だったのでやむを得ないが、花道が短くてしょぼい。この狂言には向かないハコだったと思う。まぁそれはさて置き、菊之助の五郎蔵は声良し、形良しで観ていて惚れ惚れする位の五郎蔵。序幕の「甲屋の場」は姿と科白で魅せる場なので、文句なく素晴らしい。

 

ただその後の「甲屋奥座敷の場」「廓内夜更けの場」になると、いかにも水っぽい。肚が薄いせいだろう。特に「廓内夜更けの場」で皐月と勘違いして逢州を殺してしまったと知ったところなど段取りめいていて、主君の想い人を殺してしまったと云う驚きと慚愧の念が出てこない。菊之助は大好きな優なのだが、役の性根と云うものを掴む芝居を身につけて欲しい。

 

同じ事は土右衛門の彦三郎にも云える。声は抜群の優だが、一本調子になって芝居にメリハリがない。劇団には素晴らしい役者が大勢いるし、何よりお父つぁんが素晴らしい役者なのだから、名前だけでなくしっかり芸も受け継いで貰いたい。

 

この日一番の見物だったのは、最後の『高坏』。菊之助初役らしいが、これが素晴らしい出来だった。愛嬌の薄い優だが、この狂言では過不足ない愛嬌があり、何より下駄を履いてタップを踏む場面は踊りにキレがあって、亡き勘三郎におさおさ劣らない次郎冠者。観ているこちらがうきうきして来る。これがいい舞踊と云うものだろう。

 

萬太郎の高足売も初役としては申し分なく、いい意味での軽さがあって良かった。名人團蔵と橘太郎がしっかり脇を締めて、客席も大いに沸いており、いい『高坏』になった。先の『御所五郎蔵』は残念だったが、この『高坏』が観れただけで、来た甲斐はあると思った。

 

まだ初日と云う事もあろう。長い巡業なので、『御所五郎蔵』もしっかり練り上げて行って欲しい。