fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

芸術祭十月大歌舞伎 昼の部 松緑の弁慶、音羽屋の佐七

十月歌舞伎座昼の部を観劇。その感想を綴る。

 

幕開きは『廓三番叟』。扇雀の傾城、梅枝の新造、巳之助の太鼓持と云う配役。華やかで、美しく、幕開きを飾るにはいい狂言。特に梅枝は先月も魁春と『お祭り』の芸者を踊ったが、両月共大先輩との踊り比べで見劣りしないのは、この優が確かな技術を身に着けてきた証拠。本当にいい女形になってきたと思う。扇雀の傾城は勿論素晴らしい。ただ最近この優の、歌舞伎座での芝居を観れる機会が少なくなっている印象。今月国立で座頭を勤めている芝翫共々、脂の乗り切った芝居をもっと歌舞伎座で観たいものだ。

 

続いては『御摂勧進帳』。何と歌舞伎座での上演は平成14年以来との事。確かに筆者は歌舞伎座で観た記憶がない。松緑の弁慶、愛之助の富樫、彦三郎の祐家、亀蔵義経、松也の鷲尾と云う配役。これが実に良かった。今月の松緑は夜の部でも和尚吉三で奮闘しているが、こちらも実にいい。祖父二代目松緑が復活させた狂言。父辰之助は遂に演じる事はなかったが、云わば家の芸とも云うべき狂言。当代松緑がしっかり継承してれているのが、嬉しい。

 

「蘭平」もそうだが、この優の立ち回りは素晴らしい。踊りが身体にあるせいだろう。科白回しには癖があり、それが狂言によっては芝居の気分を損なう時もままある優だが、こう云う狂言は正に独壇場とも云うべき見事さ。おおらかだが、きっぱりとしており、力感も充分。何よりこの狂言の持つ何とも荒唐無稽な味を、現代人である松緑が見事に再現している点がいい。有名な『勧進帳』に比べ、言葉は悪いが漫画的な作りの芝居なのだが、それを馬鹿々々しいとも思わず、真から信じているかの様なのだ。表現が難しいのだが、辻褄とかを考えていては出来ない狂言。それを松緑は理屈ではなく、身体と気分で演じ切っている。

 

おいおいと泣いたかと思えば、義経一行が無事落ち延びたと判るや、急にスーパーマンになる。その展開をおかしいとも思わず、演じ切る。これは役者なら当たり前だと思うかもしれないが、こう云う狂言を現代人が演じる際には、現代の常識、演技としてのリアリズムが邪魔をするものだ。それが松緑にはない。この狂言を真から信じているかの様と云うのはこの点なのだ。例の「芋洗い」の場のおおらかな味を出せる松緑は、やはり得難い優。師走の「矢口渡」の頓兵衛は一転して義太夫狂言。これをどう演じてくれるか、今から楽しみだ。脇では松也の鷲尾三郎が目立つ出来。彦三郎の斎藤次祐家もあの朗々とした科白回しでの悪役も手堅い出来だった。

 

狂言目は『蜘蛛絲梓弦』。愛之助が蜘蛛の精を始めとする五役を早替りで勤める。他に松也の貞光、右近の金時、右團次の頼光と云う配役。こちらも「御摂」同様、筋立てを楽しむ狂言ではない。幕開きが「三番叟」だった事を含め、狂言としての筋を追っても楽しめる芝居が最後の「佐七」しかないと云うのも如何かとは思う。ただ愛之助の奮闘は素晴らしく、一番最初の小姓寛丸の前髪の若々しさと、最後の蜘蛛の精の対比はこの優の底力を示すもの。最後頼光と四天王を従えて蜘蛛の精の愛之助が舞台中央で決まった所は、一幅の絵。美しい幕切れだった。

 

打ち出しは『江戸育お祭佐七』。音羽屋の佐七、時蔵の小糸、團蔵の伴平、権十郎の芳松、橘三郎のおてつ、橘太郎の伴内、萬次郎の富次郎、楽善の太兵衛、左團次の勘右衛門と云う、劇団総出演の配役。これで悪かろうはずもない。加えて亀三郎と眞秀君が、お軽・勘平を踊った。勿論まだ芸とは云えないものだが、客席から「可愛い」と云う声も聞こえ、ここが一番盛り上がっていたかもしれない。

 

音羽屋の佐七はもうこう云う役をやらせれば、他に並ぶ者はいない。「お祭り佐七と云うなぁ、憚りながら俺の事だ」の名乗り科白のイキ。小糸を家に戻した後の「三百落とした心持ちたぁ、ここらの事を云うのかなぁ」の哀切。説明不要の素晴らしさだ。時蔵の小糸も艶っぽく、本当に佐七を愛していたのも関わらず、誤解で切られて死ぬ哀れさも一入で、実にいい小糸だった。

 

ただ狂言自体に同じ鳶の話しでも「め組」の様な魅力がなく、上演回数が少ないのも肯ける。音羽屋の素晴らしさ、劇団の見事なアンサンブルを味わう趣向の狂言だった。昼の部を通じて話しとしてこれはと云う芝居がなく、そのせいか入りも寂しい感じだった。松竹も、狂言立てに一工夫が必要だと思う。

 

来月は国立と歌舞伎座昼夜、新橋の「オグリ」を観劇予定。播磨屋音羽屋、幸四郎猿之助と揃う。大いに期待したい。