fabufujiのブログ~独断と偏見の歌舞伎劇評~

自分で観た歌舞伎の感想を綴っています

六月歌舞伎鑑賞教室 『神霊矢口渡』鴈治郎の頓兵衛・壱太郎のお舟

歌舞伎鑑賞教室『神霊矢口渡』を観劇。その感想を綴る。 幕開きは「歌舞伎のみかた」。解説役は虎之介だ。洋楽に乗って虎之介が洋服で登場。かなり若者を意識したスタイル。一通りの説明をした後に和服に着替えて再登場。観客の女性二人を予め選んでいたのだ…

六月歌舞伎鑑賞教室 『神霊矢口渡』(写真)

国立劇場歌舞伎鑑賞教室に行って来ました。 虎之介といてうによる歌舞伎のみかた。いてうは平賀源内と云う設定でした。 こちらも観劇予定です。 珍しく撮影タイムがあり、舞台の写真が撮れました。感想はまた別項にて。

團菊祭五月大歌舞伎 夜の部 七代目丑之助襲名披露、松也・彦三郎の「御所五郎蔵」

五月大歌舞伎夜の部、「娘道成寺」以外の出し物について綴る。 幕開きは『鶴寿千歳』。時蔵の雌鶴、松緑の雄鶴を囲んで、梅枝・歌昇・萬太郎・左近と若手花形が揃った舞踊。時蔵・松緑はその技巧、位取り、気品と文句なし。若手花形もこの年代特有の華やかさ…

團菊祭五月大歌舞伎昼の部 若手花形の『寿曽我対面』、音羽屋の「め組の喧嘩」

團菊祭五月大歌舞伎昼の部、『勧進帳』以外の演目の感想を綴る。 幕開きは『寿曽我対面』。松緑の工藤、梅枝の十郎、萬太郎の五郎、右近の大磯の虎、米吉の化粧坂少将、歌昇の朝比奈と云う配役。次世代を大胆に起用した、これからの團菊祭を視野に入れた座組…

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部 海老蔵・松緑・菊之助の『勧進帳』

團菊祭五月大歌舞伎昼の部を観劇。まず『勧進帳』の感想を綴る。 去年このブログで「来年あたり久々に歌舞伎座で海老蔵の弁慶が観たい」と書いたが、年明け早々に来年の團十郎襲名が発表になり、襲名では必ず弁慶をやるだろうから、それ迄お預けかと思ってい…

團菊祭五月大歌舞伎 夜の部 菊之助の『京鹿子娘道成寺』

團菊祭五月大歌舞伎夜の部、まず素晴らしかった菊之助の「道成寺」の感想を綴る。 菊之助の「道成寺」は四回目らしいが、歌舞伎座では初めてとの事。歌舞伎座で『京鹿子娘道成寺』を踊った事がある現役の役者は、藤十郎・菊五郎・玉三郎・時蔵の四人しかいな…

5月文楽公演「通し狂言 妹背山婦女庭訓」(写真)

国立小劇場の文楽公演に行って来ました。 もう一種類のポスターです。 このチケットも押さえました。 満員御礼が出ていました。咲太夫は流石貫禄が違います。昼の部最後の「太宰館の段」は、靖太夫が首筋迄真っ赤にしての熱演。人形に和生・玉男と揃い、圧巻…

團菊祭五月大歌舞伎(写真)

團菊祭五月大歌舞伎を観劇。ポスターです。 宮崎監督の作画による祝い幕です。 昼の部絵看板です。 夜の部絵看板です。 いや~目出度い。何せ音羽屋・播磨屋の孫と云う、最強DNAですから。 こんな展示もありました。 満員の盛況でしたね。感想はまた別項で。

四月大歌舞伎 夜の部 松嶋屋の実盛、猿之助の『黒塚』

月が替わってしまったが、四月歌舞伎座夜の部の感想を綴る。 幕開きは『実盛物語』。松嶋屋の実盛、歌六の瀬尾、孝太郎の小万、齊入の小よし、松之助の九郎助、米吉の葵御前と云う配役。眞秀君が太郎吉を神妙に勤める。松嶋屋得意の捌き役。悪かろうはずもな…

四月大歌舞伎 昼の部 播磨屋と音羽屋の『鈴ヶ森』

昼の部のその他の演目について、感想を綴る。 幕開きは『平成代名残絵巻』。福助が復帰後3度目の舞台。相変わらず美しく、貫禄と威厳がある。右手が不自由そうなのは、もう治らないのだろうか。もう「道成寺」とかは無理なのだろうな・・・残念極まりないが、元…

四月大歌舞伎 時蔵・雀右衛門 ・錦之助の「野崎村」

歌舞伎座昼の部を観劇。まず素晴らしかった『新版歌祭文』から。 時蔵のお光、雀右衛門のお染、錦之助の久松、又五郎の小助、門之助の佐四郎、歌六の久作、秀太郎のお常と云う的を得た配役で、素晴らしい一幕になった。 今回は40年ぶりと云う「座摩社」から…

四月大歌舞伎(写真)

歌舞伎座四月大歌舞伎に行って来ました。ポスターです。 昼の部絵看板です。 夜の部絵看板です。 大幹部揃い踏みポスター。決まってます。 中川氏が云っていた程空席はなかったですね。感想はまた別項にて。

中央コース 松竹大歌舞伎 高麗屋親子の「車引」 幸四郎の『奴道成寺』

公文協中央コース、高麗屋襲名巡業を観劇しに三鷹へ。その感想を綴る。 まず襲名披露口上で幕あけ。通常と違い、口上を一番先に持って来るところが、進取の気性に富む高麗屋らしい。中央に高麗屋親子が並び、梅玉・宗之助・高麗蔵・錦吾・廣太郎と揃った口上…

中央コース 松竹大歌舞伎(写真)

公文協中央コース、三鷹に行って来ました。完売御礼の貼り紙。 お土産売り場。かなりの行列で、良く売れている様でした。 舞台です。左が揚幕と花道。短かっ! 盛況でしたねぇ。評論家の中川右介氏が、四月の歌舞伎座チケットが売れていないと書いていました…

三月大歌舞伎 夜の部 猿之助の『弁天娘女男白浪』

三月大歌舞伎夜の部、偶数日の猿之助で「弁天小僧」を観劇。その感想を綴る。 三月は幸四郎と猿之助を競わせる様に、「弁天小僧」と『雷船頭』を日替わりで交互に演じさせている。松竹の戦略に見事に嵌り、どちらも観劇した。 『盛綱陣屋』は何度観てもいい…

三月大歌舞伎 昼の部 白鸚の「吃又」

歌舞伎座昼の部を観劇。その感想を綴る。 何と云っても白鸚の「吃又」である。30年ぶりだと云う。今回は「近江国高嶋館の場」からの上演。この場、筆者は初めて観た。囚われの身になった幸四郎の狩野元信が、自らの血で虎を描くとそれが抜け出て猿弥の道犬を…

三月大歌舞伎 昼夜 写真

歌舞伎座を昼夜観劇。ポスターです。 昼の部の絵看板。 夜の部の絵看板。 昼の部のポスター。「吃又」素晴らしかったです。 夜の部のポスター。既に幸四郎の弁天は観劇したので、この日は猿之助。 感想はまた別項にて綴ります。

国立小劇場 3月歌舞伎公演 扇雀の綱豊卿、菊之助の「関扉」

国立小劇場を観劇。その感想を綴る。 幕開きは『御浜御殿綱豊卿』。扇雀初役の綱豊卿、歌昇これも初役助右衛門、又五郎の勘解由、虎之介のやはり初役お喜世と云う配役。初役ばかりで如何かと思ったが、中々どうして熱演だった。 扇雀は事前のインタビューで…

国立小劇場 3月歌舞伎公演『元禄忠臣蔵』『積恋雪関扉』 写真

国立小劇場の歌舞伎公演に行って来ました。 亡き團十郎が植樹した熊谷桜が咲いていました。 これも絶対に行きます。 扇雀の綱豊卿と、菊之助の関扉。感想はまた別項で。

三月大歌舞伎 夜の部 松嶋屋の「盛綱陣屋」、高麗屋親子の『弁天娘女男白浪』

三月大歌舞伎夜の部を観劇。その感想を綴る。 幕開きは『近江源氏先陣館』。いきなりの重厚な義太夫狂言だ。松嶋屋の盛綱、左團次の和田兵衛、秀太郎の微妙、歌六の時政、雀右衛門の篝火と云う超重量級の布陣。小四郎と小三郎に勘太郎・寺嶋眞秀と御曹司二人…

二月大歌舞伎 夜の部 松緑の『名月八幡祭』

二月の夜の部松緑2度目の「縮屋新助」その感想を綴る。 こちらも辰之助の追善狂言。松緑の新助、大和屋の美代吉、松嶋屋の三次、梅玉の慶十郎、歌六の魚惣と云う配役。全てが本役で、二月の出し物では、「熊谷陣屋」に次ぐいい狂言だった。 筆者は松緑初役の…

二月大歌舞伎 昼の部 松緑の権太、音羽屋・時蔵の『暗闇の丑松』

続いて昼の部の感想を綴る。 幕開きは『義経千本桜・すし屋』。松緑初役の権太、團蔵の弥左衛門、橘太郎のおくら、芝翫の梶原、菊之助の弥助実は維盛、梅枝のお里と云う配役。先代松緑の追善を当代松緑が行う。かつて先代勘三郎は、倅の十八代目に「歌舞伎座…

二月大歌舞伎 夜の部 播磨屋の「熊谷」

二月歌舞伎座、昼夜観劇。まず素晴らしかった「熊谷陣屋」から感想を綴る。 幕開きの『一谷嫩軍記 熊谷陣屋』。播磨屋の熊谷、魁春の相模、雀右衛門の藤の方、歌六の弥陀六、菊之助の義経、又五郎の軍次と云う、まず当代考えうる限り最高の配役での「陣屋」…

二月大歌舞伎(写真)

二月大歌舞伎を観劇。ポスターです。 もう32年かぁ・・・こうして見ると似ていますね、松緑に。 権太と新助のポスター 『暗闇の丑松』のポスター。左に辰之助の丑松。 音羽屋、播磨屋、大和屋、松嶋屋が揃う大一座。感想はまた別項で。

2月文楽公演 『鶊山姫捨松』『壇浦兜軍記』

国立小劇場の文楽公演に行って来ました。 こちらも必見ですね。チケット押さえました。 これも楽しみです。 いや~「阿古屋」良かったぁ。勘十郎最高でした。歌舞伎の様な心理主義的な行き方ではなく、大衆演劇としてのエンターテイメントに徹している「阿古…

初春歌舞伎公演 夜の部 海老蔵の「俊寛」

月が替わってしまったが、新橋演舞場の初春公演夜の部の感想を綴る。 幕開きは『鳴神』。右團次の鳴神上人に児太郎の雲の絶間姫と云う配役。これが中々いい『鳴神』だった。何より良かったのは、白雲坊・黒雲坊を勤めた新蔵と新十郎を含むアンサンブルが非常…

シネマ歌舞伎 沓手鳥孤城落月/楊貴妃

シネマ歌舞伎 沓手鳥孤城落月/楊貴妃を鑑賞 楊貴妃の写真です 沓手鳥孤城落月の写真です どちらも本公演で観ていたけれど、改めて鑑賞。『沓手鳥孤城落月』は拍手や客席を完全にカットして、映画の様な作りでした。『楊貴妃』は比較的舞台をそのまま映画に…

壽 初春大歌舞伎 昼の部 幸四郎・七之助の『廓文章』

『一條大蔵譚』以外の昼の部の感想を綴る。 幕開きは『舌出三番叟』。やはり年の初めは三番叟である。五穀豊穣を祈る、祝祭性の高い舞踊。芝翫の三番叟、魁春の千歳。芝翫が歌舞伎座の座頭の様な貫禄を身につけはじめている。踊りは元々上手い優、当然の事な…

壽 初春大歌舞伎 昼の部 白鸚の『一條大蔵譚』

歌舞伎座昼の部を観劇。素晴らしかった白鸚の「大蔵卿」の感想をまず綴る。 去年の襲名公演で「七段目」の由良之助と云う超名演を披露した白鸚が、またやってくれました。由良之助がセンターバックスクリーン直撃弾なら、今回はレフト場外弾です(笑) 去年二…

新橋演舞場 初春歌舞伎公演 海老蔵親子公演(写真)

新橋に行って来ました。 場内に團十郎襲名を伝えるかわら版。 成田のゆるキャラも駆けつけていました。 連獅子羽子板もありました。 海老蔵奮闘公演夜の部を観劇。感想はまた別項にて。